【レビュー】ロゼッタストーン韓国語の内容を詳しく紹介【ソースネクスト】

語学についての情報
当サイトには広告リンクが含まれています。

ロゼッタストーンは、ソースネクスト社が販売している語学学習プログラムで、全部で24言語を学習できます。その韓国語版を実際に使ってみましたので、どのような方法で学習を進めるのか、できるだけ具体例を挙げて紹介します。

ロゼッタストーンの学習メソッドの最大の特徴は、「聞いて、話す」という瞬発力を鍛えられることです。韓国語(朝鮮語)のリスニングに力を入れて学習したい方には、おすすめの語学プログラムです。

また、ロゼッタストーンは有料の買い切り型プログラムですが、発音とリスニングに特化した学習内容と学習量を考えると、十分価値のある語学プログラムです。

ただし、文字と発音の学習はあまり効率的ではないので、初級学習書を用意した方が良いでしょう。

韓国語(朝鮮語)のリスニング学習に興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

ご案内

ソースネクスト社さまより製品提供をいただき記事作成しています。メリットもデメリットも隠さず紹介しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロゼッタストーンは「聞いて、話す」に特化した語学プログラム

ロゼッタストーン は、日本のソースネクスト社が販売している語学学習プログラムです。初・中級編では、全部で24言語を学習できます。

ロゼッタストーン の詳細はこちら!

学習メソッドの特徴

24言語の学習コンテンツがありますが、どれも同じ方法で学べるように作られた語学プログラムです。学習メソッドの特徴は次の通りです。

  • 母語を使わずに学習する
  • 「読む、聞く、発音する」を徹底練習する
  • 「単語→フレーズ→文章→会話」の自然な流れで学習する
  • 発音判定テクノロジーで、発音が通じるかどうかを瞬時に判定する
  • 全24言語を同じ方法で学習できる(他の言語を学習するには購入が必要です)

ロゼッタストーンの最大の特徴は、「読む、聞く、発音する」の反復練習、特に「聞いて、話す」の瞬発力を鍛える練習にあると思います。単語の練習から始めて、フレーズ、文章の練習、最後には与えられた状況に応じた会話練習へと発展します。

また、練習した発音が正しいかどうか、ネイティブに通じるかどうかを、システムが判定してくれます。

ロゼッタストーン・ライブラリー

ロゼッタストーンのプログラムは、インターネット上の語学プラットフォーム「ロゼッタストーン・ライブラリー」にあります。このため、パソコン、スマホ、タブレットで、いつでもどこでも学習できます。
複数デバイスで学習を進められて、学習の履歴を引き継ぐこともできるので便利です。また、学習コンテンツごとの進捗状況も一目で分かるようになっています。

ロゼッタストーン購入時の注意点

ロゼッタストーンを購入するときには、次のような注意点があります。

  • パソコンでは、USB接続のヘッドセットがある方がよい
  • 使用するには、ソースネクストIDが必要
  • スマホ版アプリは「ロゼッタストーン・ライブラリー」を選ぶ

ロゼッタストーンの特徴や注意点について、次の記事で説明していますので参考にしてください。

ロゼッタストーン韓国語の学習プログラムの構成

ロゼッタストーン韓国語の学習プログラムは、レベル、ユニット、レッスンという構成になっています。それぞれのレベルは4つのユニットで構成されていて、それぞれのユニットには複数のレッスンが含まれます。

レベル:1~3

学習プログラムは、難易度順にレベル1からレベル3で構成されています。自分のペースで順に学習を進めていきます。

ユニット:1~4

それぞれのレベルは、ユニット1からユニット4で構成されています。それぞれのユニットにはテーマが設定されています。テーマに関連した文章や会話の中で、単語や文法を学べるようになっています。

それぞれのユニットのテーマ
レベル1ユニット1言語の基礎
ユニット2あいさつと紹介
ユニット3仕事と学校
ユニット4ショッピング
レベル2ユニット1旅行
ユニット2過去と未来
ユニット3友人と社会生活
ユニット4食事と休日
レベル3ユニット1家庭と健康
ユニット2暮らしと世界
ユニット3日常の物事
ユニット4場所と出来事

ロゼッタストーン韓国語はレベル3までで構成されていますから、全部で12のユニットがあることになります。

レッスン:1~5

それぞれのユニットは、レッスン1からレッスン5で構成されています。レッスンは、さらに次のような構成で学習が進められます。

レッスン1~4の構成
  • コアレッスン
  • 発音
  • 語彙
  • 文法
  • リスニングと読解
  • 読解
  • ライティング(ユニット1と2)
  • リスニング
  • 会話
  • 復習
レッスン5の構成
  • マイルストーン

レッスン1から4では、いろいろな方法で学習を進めます。

「コアレッスン」で、これから学ぶ単語や文法を全体的に眺めて、簡単に学習します。

「発音」や「語彙」、「文法」、「リスニング」、「会話」の中で、単語や文章、文法事項を、写真との対応を通じて学習します。発音の聞き取りや発音練習には、多くの問題が出されます。

レッスン5は、「マイルストーン」として、実力試しの学習となります。

ソースネクスト社によると、一つのレベルあたり30~50時間の学習が目安だそうです。ロゼッタストーン韓国語はレベル3まであるので、全部で120時間程度とすると、週に4時間の学習で7~8か月の学習期間に相当します。

ロゼッタストーン の詳細はこちら!

ロゼッタストーン韓国語の学習内容

ロゼッタストーン韓国語の学習内容を具体的に紹介します。ここでは基本的に、最初のレッスンである「レベル1ーユニット1ーレッスン1」を例として紹介します。また、PC上での画面キャプチャーを使っています。

補足

わたし自身は、ある程度、文字(ハングル)の読み書きができるのですが、文字をまったく読めない場合を想定して、使用感を紹介します。このため、カタカナによる不正確な発音表記がありますので、ご了承ください。

コアレッスン

ロゼッタストーンのそれぞれのレッスンで、はじめに学習するのが「コアレッスン」です。

「コアレッスン」では、この後に学習する「発音」、「語彙」、「リスニング」などの練習が次々と出てきます。

新しい単語がどんどん出てきますし、まだ知らない文法の問題も出てきます。このような学習方法を経験したことのない方は、少し戸惑うかもしれません。まだ学習していない内容を練習するので、何度も間違えることになります。

繰り返して間違える中で、写真と発音とを対応させながら、想像を膨らませて単語や文法を学習していきます。

海外で、現地の親切なネイティブスピーカーが、何度も何度も単語や文章を発音してくれていると思ってください。

女性の写真を指さしながら「여자(ヨジャ)」と発音してくれ、水を飲んでいる写真を指さしながら「물을 마셔요(ムルㇽマショヨ)」と発音してくれるのです。

また、単語を入れ換えて、「주스를 마셔요(チュスルㇽマショヨ)」と発音してくれるので、「마셔요(マショヨ)」が飲むという意味だと想像するのです。

このレッスンでは、学習内容を完璧に覚える必要はありません。この後にどんなことを学習するか、イメージをつかむとよいでしょう。

それぞれのレッスンを終えてから、また「コアレッスン」に戻って学習すると、驚くほど理解できていることに気づくはずです。

発音

発音」では、単語や文章の発音を練習します。ネイティブに通じる発音かどうかを、システムが判定してくれます。

ただし、最初の設定のままでは、発音の判定精度があまりよくありません。私はこれまでに4言語を利用していますが、かなり違う発音をしても合格と判定されることがあります。

おすすめは、設定画面の発音設定を、「普通」ではなく「難しい」に設定することです。この設定であれば、自分でよいと思った発音でも、容赦なく不合格の判定をしてくれます。また、パソコン付属のマイクよりも、ヘッドセットのマイクを使う方が判定の精度が良いようです。

補足

発音設定が「難しい」だと、まったく合格にならず先に進めないという方は、設定を易しめに微調整してください。

「発音」のレッスンでは、例えば上の図のような問題が出されます。

ジュースの写真と、「주스」という文字が書かれています。まだ学習していませんから、文字は読めなくて構いません。

ここで「チュ」という発音が聞こえてくるので、繰り返して発音練習します。発音が合格だと、次に「ス」というような発音が聞こえるので、発音練習します。最後に「チュス」という発音が聞こえるので、やはり発音練習します。

このように、単語「주스」の発音を、1文字ずつ(正確には1音節ずつ)練習して、ジュースを意味する単語を覚えると同時に、その発音を習得するようになっています。

発音の判定は、マイクマークの周りに表示されます。マークが赤色や橙色なら不合格、緑色なら合格の判定です。合格にも段階がありますから、学習が進めば、より満点近くを取れるように発音練習するとよいでしょう。

語彙

語彙」では、海外で単語を身につけていくプロセスのように新しい単語を学びます。発音を聞いて、それに応じたイメージ写真を反射的に選択する練習です。

上の例では、男性、女の子、男の子、女性の写真が表示されています。

ここで「여자」の文字とともに「ヨジャ」という発音が聞こえます。この単語の意味を、4つの写真から選ぶ問題です。

この単語を知らなければ、答えようがないので、間違ってもいいので、予想して選んでみます。何度か間違ううちに、女性の写真が正解とわかります。つまり、この単語は「女性」を意味する単語であることがわかります。

同じように、「남자(ナㇺジャ)」、「남자아이(ナㇺジャアイ)」、「여자아이(ヨジャアイ)」という単語も聞こえてきます。それぞれ「男性」、「男の子」、「女の子」という意味の単語です。このようにして、試行錯誤しながら類義語をセットで学習していきます。

学習するのは名詞だけではありません。上の図の問題では、「남자아이가 달려요.(ナㇺジャアイガ タㇽリョヨ)」と聞こえてきます。写真はすべて男の子の写真で、「ナㇺジャアイ」と聞こえるので、男の子がしている動作を選択する問題です。

走っている写真を選ぶのが正解ですが、ここでは、本を読む、ごはんを食べる、水を飲む、という動作を表す言い方を学習することができます。

このようにして、海外で新しい単語を身につけるプロセスのように、試行錯誤しながら、基本的な単語や言い回しを学習します。

文法

文法」では、ポイントとなる文法を、空所補充形式で学習できます。自然に文法が身につくように、これを繰り返し行ないます。「名詞が子音で終わっているから、助詞は…」のような説明は、一切ありません。

上の図は、それぞれの写真について、2つの選択肢から適切なものを選ぶ練習です。

例えば、左上の女の子の写真について、「여자아이들(ヨジャアイドゥㇽ)」と「여자아이(ヨジャアイ)」の適切なものを選びます。右上の女の子たちの写真も同様です。

左下の男の写真、右下の男の子たちの写真では、「남자아이(ナㇺジャアイ)」と「남자아이들(ナㇺジャアイドゥㇽ)」が選択肢となります。

これまでの「単語」の学習で、「남자(ナㇺジャ)」と「남자들(ナㇺジャドゥㇽ)」のように、複数の人を表す単語を学習していますが、ここであらためて「文法」として、複数の人を表すときに「들(トゥㇽ)」を付けることを確認します。

上の図の4つの写真は、いろいろな人たちが走っている様子を表しています。「사람들이 달려요.(サラㇺドゥリ タㇽリョヨ)」という文にあう写真を選ぶ問題です。これまでの学習で、「人々が走っている」という意味であることはわかるので、右上の写真を選ぶことになります。

注目するのは、赤く表示されている「」です。ここで出題される残りの3つの文は、「남자아이 달려요.(ナㇺジャアイガ タㇽリョヨ)」、「여자아이 달려요.(ヨジャアイガ タㇽリョヨ)」、「여자아이들 달려요.(ヨジャアイドゥリ タㇽリョヨ)」です。

主語となる名詞の後に付く単語が、日本語の「~が」に相当することは想像できます。この単語には「이(イ)」と「가(カ)」の2種類があることを学習します。しかし、その使い分けの説明はありません。

ここでは、「남자(ナㇺジャ)」や「여자(ヨジャ)」、「아이(アイ)」の後には「가(カ)」、「들(トゥㇽ)」の後には「이(イ)」が付くことに慣れて、体で覚えるだけです。

補足

文法的には、母音で終わる名詞には「가」、子音で終わる名詞には「이」が付くのが基本です。ロゼッタストーンでは、このような文法的な説明ではなく、海外でことばを身につけるプロセスを重視しています。

基本的な単語を使って繰り返し学習することによって、瞬時に聞き取って理解し、よどみなく発言できる力を養うことを目指しています。

同じような学習は、日本語の「~を」に相当する単語の学習にも当てはまります。上の図は、「남자아이가 밥 먹어요.(ナㇺジャアイガ パブㇽ モゴヨ)」が意味する、男の子がごはんを食べている写真を選ぶ問題です。ここでは、「~を」を意味する単語に「을(ウㇽ)」と「를(ルㇽ)」の2つがあることを学習します。

リスニングと読解

リスニングと読解」は、この後に説明する「リスニング」と「読解」の学習をあわせた形式で練習を進めます。詳しい学習内容は、それぞれの項目で説明します。

読解

読解」では、文字を読んで理解する練習と、聞こえてきた発音を表す文字を選ぶ練習を行ないます。

上の図では、「주스」の「주」と、「수영」の「수」について、発音しながら文字を覚える練習を行ないます。文字の形が似ているものを重点的に学習します。

また、リスニングの練習をかねて、耳だけを頼りに、聞こえてきた発音を表す文字を選ぶ練習を行ないます。上の図は、「주」なのか「수」なのかを聞き分けて文字を選ぶ練習です。下の図は、「자」、「히」、「하」、「사」の4つの発音を聞き分けて、似た文字を間違いなく選ぶ練習です。

ライティング(ユニット1とユニット2)

ユニット1と2には「ライティング」の練習があります。

「ライティング」といっても、パソコンやスマホで文字入力するのではなく、聞こえてきた発音を表す文字を選択する練習です。

上の図では、4種類の発音が聞こえてくるので、それを聞き取って、その発音を表す文字を選択します。ですから、「ライティング」というよりも、「リスニング」と「文字の選択」の練習です。

このように、ロゼッタストーンを使ったライティング能力の向上には、あまり期待しない方がよさそうです。

補足

現在のロゼッタストーンはWEB版で、インターネット上の語学プラットフォーム「ロゼッタストーン・ライブラリー」にアクセスして使う形式です。以前は、パソコンにインストールして使う形式で、このときの「ライティング」は、実際にキーボードで文字を入力する練習でした。

「ライティング」の学習には、今後のバージョンアップを期待しています。例えば、タブレット端末が普及してきていますから、タブレット版ではペン入力で実際に文字を書く練習を導入したり、PC版では、韓国語キーボードでの文字入力を取り入れたりすることは可能だと思います。

リスニング

リスニング」では、発音を聞いて、それに合ったイメージ写真を反射的に選択したり、自然な会話の流れになるように回答を選択したりします。

似たような学習は「語彙」や「読解」の学習にもありましたが、それらは、発音が聞こえたときには文字も表示されていました。しかし「リスニング」では、発音が聞こえるだけで、文字は表示されません。ですから、単語を文字ではなく、音で覚えている必要があります。

この「リスニング」の練習が、ロゼッタストーンの中心的な学習です。

会話

「会話」では、リスニング練習などを通して身につけた、様々な状況における会話を再現して発音します。 反射的に受け答えを行う感覚を身につけることが出来ます。

上の図では、3つの写真について、それぞれ「여자아이가 주스를 마셔요.(ヨジャアイガ チュスルㇽ マショヨ)」、「남자아이가 물을 마셔요.(ナㇺジャアイガ ムルㇽ マショヨ)」、「여자아이가 밥을 먹어요.(ヨジャアイガ パブㇽ モゴヨ)」という音声が流れます。「女の子がジュースを飲みます。」、「男の子が水を飲みます。」、「女の子がごはんを食べます。」という意味ですね。

これを踏まえて、4つめの写真を表すような文を発音する練習です。男の子がごはんを食べていますので、「남자아이가 밥을 먹어요.(ナㇺジャアイガ パブㇽ モゴヨ)」が正解となります。

同じように、上の図では、3つの写真について「남자가 차를 마셔요.(ナㇺジャガ チャルㇽ マショヨ)」、「남자들이 물을 마셔요.(ナㇺジャドゥリ ムルㇽ マショヨ)」、「여자아이가 달려요.(ヨジャアイガ タㇽリョヨ)」という音声が流れます。これを踏まえて、女の子たちが走っている写真について説明する「여자아이들이 달려요.(ナㇺジャアイドゥリ タㇽリョヨ)」を発音できれば正解です。

このユニットはまだ入門レベルのため、会話らしい会話の練習ではありませんが、何らかの状況について自分のことばで説明するという、会話の初歩の練習となっています。

復習

「復習」では、そのユニットのまとめの練習をします。

おもに、「リスニング」の学習内容をもう一度練習して、リスニングの力を確かなものにします。

例えば上の図のように、「リスニング」学習と同じように、4つの写真が表示されます。ここでは、「여자들이 요리를 해요.(ヨジャドゥリ ヨリルㇽ ヘヨ)」、「여자가 밥을 먹어요.(ヨジャガ パブㇽ モゴヨ)」、「남자들이 밥을 먹어요.(ナㇺジャドゥリ パブㇽ モゴヨ)」、「남자가 요리를 해요.(ナㇺジャガ ヨリルㇽ ヘヨ)」の4つの文が聞こえてくるので、それぞれに合う写真を選びます。

ロゼッタストーン韓国語のメリットとデメリット

ロゼッタストーン韓国語のメリット

ロゼッタストーン韓国語は、「聞いて、話す」という瞬発力を鍛えるのに適しています。ですから、それぞれのレッスンの多くは、まず韓国語の発音を聞くことから始まります。

文章を「聞いて、理解する」ときに、もちろん単語の知識が必要です。しかし、瞬発的に理解するためには、聞こえた発音を「単語」に置き換えるのではなく、「意味」に変換する必要があります。

ロゼッタストーンでは、豊富な写真を、使って単語の発音と意味(イメージ)を直接的に結びつける練習を行ないます。このため、「聞いて、話す」ための瞬発力が鍛えられます。

ロゼッタストーン韓国語で、最終的にどの程度の韓国語を習得できるのか気になる方もいると思います。最終レッスンである「レベル3ーユニット12ーレッスン4」の「リスニング」の学習例を紹介します。

上の図では、聞こえてくる4つの文「여자들이 생일을 축하해요.」、「사무실에 축하하는 사람이 아무도 없어요.」、「축하하는 아이들이 아무도 없어요.」、「사업가들이 뭐를 축하해요.」を聞き取って、その意味を表す写真を選びます。

補足

上の4つの文の読み方と意味がわからない方は、ぜひ韓国語の学習を進めてみてください。

ロゼッタストーン韓国語のデメリット

ロゼッタストーン韓国語は、リスニング能力の向上にとても役立ちますが、一方で、文字(ハングル)とその発音の学習は、不可能ではありませんが、習得には多くの時間がかかります。

大人が文字や発音を学ぶには、試行錯誤だけではなく、文字のしくみや発音の知識を理解しているほうが効率的です。

例えば上の図は、「水を」を意味する「물을(ムルㇽ)」の発音練習の様子です。「물(ムㇽ)」と「을(ウㇽ)」の2文字をあわせて、「물을(ムルㇽ)」と発音します。「ムㇽウㇽ」ではありません。

ですから、左端の「물(ムㇽ)」という文字に対して「ム」と発音練習して、次の「을(ウㇽ)」と言う文字に対して「ルㇽ」と発音練習します。

「音節の最後の子音が、次の音節の最初の子音として発音されることがある」という、文字と発音のしくみを知っていれば、戸惑わずに学習を進められるでしょう。

このため、効率的に学習するために、あらかじめ、文字と発音を学習することをおすすめします。

文字と発音のおすすめ学習書

韓国語の文字と発音を学習するための入門書は、数多く発売されています。書店でいろいろと見比べて、自分に合いそうな書籍を選べばよいでしょう。

わたしの個人的なおすすめは、文字と発音だけに限定した「7日間で~」というような入門書ではなく、その後の初級レベルの韓国語文法まで解説されている書籍を選ぶということです。

次のような書籍を挙げておきます。

チョ・ヒチョル(著)
¥1,485 (2024/04/18 15:51時点 | Amazon調べ)
塩田 今日子(著)
¥1,760 (2024/04/18 15:51時点 | Amazon調べ)

まとめ

ソースネクスト社が販売している語学プログラム「ロゼッタストーン韓国語」について、どのようなプログラムなのか、その内容を詳しく紹介しました。

ロゼッタストーン韓国語の最大の特徴は、「聞いて、話す」という瞬発力を鍛えられることです。

ロゼッタストーン韓国語で学習を進めるには、それと同時に、他の書籍などで文字と発音の学習を行なうのがおすすめです。文字と発音のしくみを理解していると、より効率的にロゼッタストーンの学習を進められます。

サブスクリプションではなく、買い切り型プログラムですから、どんなに時間がかかっても損にはなりません。発音とリスニングに特化した学習内容と学習量を考えると、十分価値のある語学プログラムです。

自分のペースで地道に韓国語を学習して、初級から中級レベルの韓国語を習得したい方は、ご検討ください。

ロゼッタストーン の詳細はこちら!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました