ロシア語の形容詞・副詞の最上級【初級ロシア語】

言語
当サイトには広告リンクが含まれています。

ロシア語の形容詞や副詞の最上級について説明します。

最上級は、самый + 原級(合成型1)、наиболее + 原級(合成型2)、-ейший / -айший(単一形)、比較級 + всего / всех(比較型)、-ший(特殊型)に分けることができます。

いろいろな形があって複雑に感じますが、このうち、話しことばでよく使われるのは、самый + 原級(合成型1)と、比較級 + всего / всех(比較型)です。

よく使われる最上級
用法語尾
修飾的述語的副詞的
самый + 原級 長語尾
比較級 + всего / всех 無変化

ですから、これらの表現を優先的に学ぶのがよいでしょう。

形容詞自体の形は原級や比較級で、最上級に特有の形は出てきません。この意味で、形容詞や副詞を単一型の比較級(-ее / -е)に簡単に変化できるようになることが重要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最上級の概要

形容詞は、人や物、事の性質や特徴、関係性を表す単語で、名詞を修飾したり、述語として使われたりします。

ロシア語の形容詞は、その表す意味に着目すると、性質形容詞、関係形容詞、所有形容詞に分類することができます。

形容詞の分類
  • 性質形容詞:人や物、事の性質や特徴を表す
  • 関係形容詞:人や物、事とのさまざまな関係性を表す
  • 所有形容詞:人や物、事の所属や所有関係を表す

このうち、性質形容詞には、他の物、事の性質と比べて「~より~な」という意味を表す比較級(ひかくきゅう)と、「最も~な」という意味を表す最上級(さいじょうきゅう)とがあります。これに対して、比較の意味を持たない形を原級(げんきゅう)といいます。

また、性質形容詞から作られる副詞にも、比較級や最上級の形があります。

最上級は、他の物や事と比べて「最も~な」の意味を表すのが基本で、これを相対最上級(そうたいさいじょうきゅう)と呼ぶことがあります。

これに対して、他の物や事と比較せずに「きわめて~な」、「非常に~な」のように、ただ程度を強める意味を表すこともあります。これを絶対最上級(ぜったいさいじょうきゅう)と呼びます。

最上級の作り方を、その形と用法、語尾などとともにまとめると次のようになります。

用法語尾文体
修飾的述語的副詞的
самый + 原級(合成型1)
長語尾中立
наиболее + 原級(合成型2)
長語尾形 長語尾書きことば
短語尾形 短語尾
副詞 無変化
-ейший / -айший(単一型)
長語尾書きことば
比較級 + всего / всех(比較型)
無変化中立
-ший(特殊型)
長語尾中立

この後の説明で、単語の中の赤字の母音字は、その母音にアクセントがおかれることを表しています。

最上級の形

самый + 原級(合成型1)

形容詞の最上級でひろく使われる形の一つは、「самый + 形容詞の原級」の形で表現する方法です。ここでは合成型1と呼ぶことにします。

самый は、文法的には定代名詞(ていだいめいし)と伝統的に呼ばれますが、特定代名詞や限定代名詞と呼ぶ方がわかりやすいかもしれません。

самый を形容詞の原級(長語尾形)と一緒に使うことで、「最も~な」という相対最上級の意味を表します。

самый は形容詞の長語尾形と同じように性・数、格変化して形を変えます。また、形容詞の原級も長語尾形ですから、性・数、格変化をします。

補足

самый を名詞や代名詞と一緒に使うと、「まさにその~」のように、名詞や代名詞が表す物や事を強く限定したり強調したりする意味を表します。

合成型1の最上級では、самый は、形容詞の短語尾形や副詞とは結びつきません。形容詞の長語尾形の用法と同じように、修飾的用法や述語的用法で使われます。

また、話しことばでも書きことばでも使われます。

  • Байкал — самое глубокое озеро в мире. バイカル湖は世界で最も深い湖だ。
  • Она самая красивая в мире. 彼女は世界で最も美しい。

наиболее + 原級(合成型2)

合成型の最上級には、「наиболее + 形容詞や副詞の比較級」という形もあります。ここでは、合成型2と呼ぶことにします。

наиболее は「最も~」という意味の副詞です。наиболее のあとには、形容詞の長語尾形や短語尾形、副詞を置くことができます。

наиболее は副詞ですから形を変えることはありませんが、そのあとの形容詞だけが形を変えます。

形容詞の長語尾形は、修飾的用法や述語的用法で使われます。短語尾形は、述語的用法で使われ、副詞は副詞的に使われます。

самый + 原級」と同じように、他の物や事と比較して「最も~な」という相対最上級の意味で使います。ただし、書きことば的な表現であることに注意してください。

  • Байкал — наиболее глубокое озеро в мире. バイカル湖は世界で最も深い湖だ。
  • Она наиболее красивая в мире. 彼女は世界で最も美しい。
  • Это отчёт наиболее подробен. この報告書が最も詳細だ。
  • Он говорил наиболее тихо. 彼は最も小声で話した。

наиболеенаименее「最も少なく」に変えると、намболее とは反対に、程度が低いことを表す最上級の意味になります。

-ейший / -айший(単一型)

一部の形容詞は、語尾を -ейший-айший に変えて最上級を作ることができます。

この最上級は、他の物や事と比べるのではなく、「きわめて~な」、「非常に~な」のような絶対最上級の意味を持ちます。

この語尾の付いた最上級は、形容詞の長語尾形と同じ変化をします。修飾的用法として使われ、書きことば的な表現です。

基本的には、形容詞の語幹に -ейший の語尾を付けて作られます。

アクセントは、原級の短語尾女性形のアクセントと同じ場所にあります。このため、-ейший のはじめの е にアクセントがおかれることがあります。

原級最上級意味
интересныйинтереснейшийおもしろい
красивыйкрасивейший美しい
новыйновейший新しい

ただし、語幹の末尾が /k/, /ɡ/, /x/(文字の綴りでは к, г, х)で終わる形容詞は、それらの子音が交替して /tɕ/, /ʒ/, /ʃ/(文字の綴りでは ч, ж, ш)に変わります。アクセントは、必ず -айшийа におかれます。

原級最上級意味
великийвеличайший偉大な
высокийвысочайший高い
редкийредчайший稀な、たまの
короткийкратчайший短い
глубокийглубочайший深い
строгийстрожайший厳しい
дорогойдражайший高価な、大切な
тихийтишайший静かな
близкийближайший近い

なお、короткийкратчайшийдорогойдражайший のように語幹が変わってしまう単語もあります。близкий では、語幹末の к が取り除かれて зж に交替しています。

単一型の最上級は、基本的には「きわめて~な」のような絶対最上級の意味を表しますが、「~で、~の中で」のように比較の対象が明確にされる場合は、「~の中で最も~な」のような相対最上級の意味になります。

  • Байкал — глубочайшее озеро в мире. バイカル湖は世界で最も深い湖だ。
補足

単一型の最上級の一部は、接頭辞 наи- を付けて、最上級の意味をさらに強めた形容詞を作ることができます。これも書きことば的な表現です。

  • наиталантливейший「最も才能のある」

比較級 + всего / всех(比較型)

形容詞や副詞の比較級(単一型)に всеговсех を組み合わせて、最上級の意味を表す方法があります。

単一型の比較級は、形容詞や副詞の語尾を -ее / -е に変化させて作られた比較級です。

また、всеговсех は、定代名詞 весь「すべての~」が生格形に変化したもので、всего は中性生格形、всех は複数生格形です。весь の中性形は「すべての物」、複数形は「すべての人」を表す使い方があります。

補足

定代名詞 весь は、次のように性・数、格変化します。形容詞的に「すべての~」の意味を表します。中性形は、名詞的に「すべての物」、複数形は「すべての人」の意味でも使われます。

定代名詞 весь の変化
男性中性女性複数
主格 весь всё вся все
対格 不活動体 = 主格
活動体 = 生格
= 主格 всю 不活動体 = 主格
活動体 = 生格
生格 всего всей всех
前置格 всём всей всех
与格 всему всей всем
造格 всем всей всеми

比較級(単一型)のあとに置かれた生格形の名詞や代名詞は、比較の対象「~より」を表します。

  • Она красивее меня. 彼女は私より美しい。

ですから「比較級(単一型)+ всего / всех」で「すべての物・人より~な」という意味になるので、「最も~な」という最上級の意味を表すことになります。

  • Она красивее всех. 彼女は誰よりも美しい。

名詞的に使われた весь の中性形や複数形を比較の対象とするときには、それが物であれば всего を、人であれば всех を使うことになります。

  • Время дороже всего. 時間が何よりも大切だ。
  • Она красивее всех. 彼女は誰よりも美しい。

これらの例文は、всего を「すべての物」、всех を「すべての人」と考えて解釈できます。

しかし、всех がいつも「人」を表すとは限りません。

  • Этот театр больше всех в Москве. この劇場はモスクワで最も大きい。

この文では、主語の「この劇場」を「すべての人」と比較しているのではないことは明らかです。「モスクワの全ての劇場」と比較しているのです。ですからこの文は、次のように言うこともできます。

  • Этот театр больше всех театров в Москве.

この場合の всех は、名詞的に使われた「すべての人」の生格形ではありません。形容詞的に使われた все театры「すべての劇場」の生格形 всех театров です。そして、わざわざ言わなくても分かるので театров が省略されています。

このように、抽象的に「すべてのもの」と比較するのではなく、より具体的に「すべての○○」と比較する場合には、比較の対象が「物」であっても всех が使われます。

-ший(特殊型)

形容詞の語幹に -ший を付けた形は、本来は比較の意味を表す比較級です。

しかし、その中でも хороший の比較級 лучший と、плохой の比較級 худший はそれぞれ、「より良い」、「より悪い」という比較級の意味のほかに、「最良の」、「最悪の」という最上級の意味でも使われます。

また、высокий から作られる высший と、низкий から作られる низший はそれぞれ、「より高い」、「より低い」ではなく、「最高の」、「最低の」という最上級の意味で使うのがふつうです。

原級比較級 / 最上級意味
хорошийлучшийより良い、最良の
плохойхудшийより悪い、最悪の
высокийвысший最高の
низкийнизший最低の

これらは、最上級の意味を持つ特殊な形容詞と覚えるとよいでしょう。

最上級の表現

最上級に関係する表現をいくつか説明します。

比較の対象や範囲

из + 生格

最上級を使った文で、「~の中で」のように比較する対象を表すには、ふつう「前置詞 из + 生格」を使います。

複数の物や人を比べる対象とするので、из のあとの名詞は複数生格形になります。

  • Он самый высокий из студентов. 彼は学生の中で最も背が高い。

また、「前置詞 среди + 生格」や「前置詞 между + 造格」でも、「前置詞 из + 生格」と同じような意味を表すことができます。

  • Он самый высокий среди студентов. 彼は学生の中で最も背が高い。
  • Он самый высокий между студентами. 彼は学生の中で最も背が高い。

в + 前置格

「世界で最も~な」の「世界で」のように、比較する対象の範囲を表すには「前置詞 в + 前置格」という場所を表す表現を使うことが多いです。

  • Байкал — глубочайшее озеро в мире. バイカル湖は世界で最も深い湖だ。
  • Он самый высокий в классе. 彼はクラスで最も背が高い。

最も~なひとつ

один из + 形容詞最上級 + 名詞」で、「最も~な○○の中の一つ、一人」という意味を表します。

один は個数詞の「1」で、ここでは「一つ、一人」という意味で使われます。文中の役割に応じて形を変えます。

参考として、один の変化を次に挙げておきます。

個数詞 один の変化
単数複数
男性中性女性
主格 один одно одна одни
対格 不活動体 = 主格
活動体 = 生格
= 主格 одну 不活動体 = 主格
活動体 = 生格
生格 одного одной одних
前置格 одном одной одних
与格 одному одной одним
造格 одним одной опними

из は「~から」という意味が基本の前置詞で、ここでは「~の中で」の意味で使われています。そのあとにおかれる名詞は生格形になります。ここでは、「複数の物や人の中で最も~な」という意味ですから、形容詞の最上級も名詞も複数生格形です。

  • Антон — один из самых способных студентов. アントンは最も優秀な学生の一人だ。
  • Анна — одна из самых способных студентов. アンナは最も優秀な学生の一人だ。

2つめの文では、主語の Анна にあわせて、одинодна のように女性形に変化していることに注意してください。

まとめ

ロシア語の形容詞や副詞の最上級について説明しました。

最上級は、самый + 原級(合成型1)、наиболее + 原級(合成型2)、-ейший / -айший(単一形)、比較級 + всего / всех(比較型)、-ший(特殊型)に分けることができます。

このうち、話しことばでよく使われるのは、самый + 原級(合成型1)と、比較級 + всего / всех(比較型)です。

よく使われる最上級
用法語尾
修飾的述語的副詞的
самый + 原級 長語尾
比較級 + всего / всех 無変化

ですから、これらの表現を優先的に学ぶのがよいでしょう。

形容詞自体の形は原級や比較級で、最上級に特有の形は出てきません。この意味で、形容詞や副詞を単一型の比較級(-ее / -е)に簡単に変化できるようになることが重要です。

参考文献
佐藤 純一(著)
¥3,850 (2024/02/22 17:11時点 | Amazon調べ)
匹田 剛(著)
¥3,850 (2024/02/23 20:34時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました