ロシア語の名詞の造格【初級ロシア語】

言語
当サイトには広告リンクが含まれています。

ロシア語の名詞は、文の中でどのような役割を果たしているかを示すために形が変わります。これを格(かく)といいます。

ロシア語の名詞の6つの格のうち、動作を行なう道具や手段「~で」の意味を表す造格について説明します。

単数造格形は、名詞の変化タイプによって -/om/, -/em/, -/oj/, -/ej/, -/ju/ という語尾が付きます。複数造格形は、とても単純で、どのような名詞の変化タイプでも -/amʲi/ が付きます。

名詞の造格形は、道具や手段を表す「~で」の意味が基本ですが、これ以外にもさまざまな使い方があります。とくに、名詞が述語となる文で、述語名詞が造格となることがあります。よく使われる用法なので、使い方に慣れる必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

名詞の造格形の概要

名詞は、人や物、事を指し示す働きをする単語です。ロシア語の名詞には、次のような特徴があります。

  • 性(せい)の区別がある:男性、中性、女性
  • 数(すう)によって形が変わる:単数、複数
  • 格(かく)によって形が変わる:主格、対格、生格(属格)、与格、造格(具格)、前置格

このうちの、名詞の格の1つである造格(ぞうかく)について説明します。

造格は、ロシア語の名詞が、おもに動作を行なう道具や手段「~で」の意味を表す形です。

ロシア語の学習書では造格と呼ぶことがほとんどですが、言語学の一般的な用語では具格(ぐかく)と呼ばれます。

名詞の単数造格形と複数造格形を、多くの教科書にあるように語末の文字の綴りでまとめると次の表のようになります。

綴りによる名詞の造格の形
名詞の性単数主格単数造格複数造格
男性名詞子音字(й 以外)-ом-ами
-ем-ями
女性名詞-ой-ами
-ей-ями
-ью
中性名詞-ом-ами
-ем-ями
-мя-менем-менами

また、語末の音(音素)でまとめると次の表のようになります。

音素による名詞の造格の形
語末の
綴り
語幹単数主格単数造格複数造格名詞の性
語尾語尾語尾
第1変化
子音字硬子音-∅-/om/-/amʲi/男性名詞
-/j/-/em/
軟子音
硬子音-/o/-/om/中性名詞
軟子音-/e/-/em/
第2変化
硬子音-/a/-/oj/-/amʲi/女性名詞
軟子音-/ej/
第3変化
軟子音-∅-/ju/-/amʲi/女性名詞
-мя-/mʲa/-/mʲen/-/ʲem/-/mʲen/-/amʲi/中性名詞

名詞の単数造格形

①第1変化の名詞

ポイント

第1変化の単数造格形の語尾

 語幹末が硬子音-/om/

 語幹末が軟子音-/em/

基本の形

第1変化の名詞には、単数主格形に語尾のない男性名詞や、単数主格形の語尾が -/o/-/e/ の中性名詞があります。これらの単数造格形の語尾は同じで、語幹末が硬子音で終わっていれば -/om/、語幹末が軟子音で終わっていれば -/em/ となるのが基本です。

語幹末が硬子音で終わる男性名詞の単数造格形は、語尾 -/om/ が付きます。文字の綴りでは -ом です。

  • студент /stuˈdʲent/студентом /stuˈdʲentom/ [stʊˈdʲentəm] 学生

語幹末が -/j/ で終わる男性名詞の単数造格形は、語尾 -/em/ が付くのが基本です。文字の綴りでは の代わりに -ем を付けます。

  • музей /muˈzʲej/музеем /muˈzʲejem/ [mʊˈzʲejɪm] 博物館

語幹末が -/j/ 以外の軟子音で終わる男性名詞の単数造格形は、語尾 -/em/ が付きます。文字の綴りでは の代わりに -ем を付けます。

ただし、語尾にアクセントがある場合は、-/om/ となります。文字の綴りでは の代わりに -ём を付けます。

  • писатель /pʲiˈsatʲelʲ/писателем /pʲiˈsatʲelʲem/ [pʲɪˈsatʲɪlʲɪm] 作家
  • рубль /ˈrublʲ/рублём /ruˈblʲom/ [rʊˈblʲɵm] ルーブル

語幹末が硬子音で終わる中性名詞の単数造格形は、語尾 -/om/ が付きます。文字の綴りでは -ом に変えます。語幹末が軟子音で終わる中性名詞には、語尾 -/em/ が付きます。文字の綴りでは -ем に変えます。

  • окно /oˈkno/окном /oˈknom/ [ɐˈknom]
  • море /ˈmorʲe/морем /ˈmorʲem/ [ˈmoɾʲɪm]

語幹末が ж, ч, ш, щ, ц のときの形

語幹末が -/ʒ/, -/tɕ/, -/ʃ/, -/ɕː/, -/ts/(文字の綴りでは -ж, -ч, -ш, -щ, -ц)で終わる単語の単数造格形の語尾は、語幹にアクセントがあれば -/em/、語尾にアクセントがあれば -/om/ となります。文字の綴りでは -ем または -ом です。

  • пляж /plʲaʒ/пляжем /ˈplʲaʒem/ [ˈplʲæʒˠəm] 浜辺
  • карандаш /karanˈdaʃ/карандашом /karandaˈʃom/ [kərəndɐˈʃˠom] 鉛筆
  • месяц /ˈmʲesʲats/месяцем /ˈmʲesʲatsem/ [ˈmʲesʲɪt͡səm]
  • отец /oˈtʲets/отцом /oˈttsom/ [ɐˈt̚t͡som]
    • 単数主格形の -/e/--/ʲe/-)は出没母音なので、単数造格形では消えています。
補足

現在のロシア語では /ʒ, ʃ, ts/ は硬子音ですが、歴史的には、かつて軟子音でした。

これらの子音や、歴史的にも現在も軟子音である /tɕ, ɕː/ で語幹末が終わる単語の変化形は、特殊な形となることがあります。

②第2変化の名詞

ポイント

第2変化の単数造格形の語尾

 語幹末が硬子音-/oj/

 語幹末が軟子音-/ej/

基本の形

第2変化の名詞は、単数主格形の語尾が -/a/ です。ほとんどが女性名詞ですが、一部の男性名詞もこの変化タイプに含まれます。

第2変化の名詞の単数造格形は、語幹末が硬子音で終わっていれば -/oj/(文字の綴りでは -ой)、語幹末が軟子音で終わっていれば -/ej/(文字の綴りでは -ей)の語尾が付きます。

ただし、語幹末が軟子音で終わっていても、語尾にアクセントがある場合は -/oj/(文字の綴りでは -ёй)の語尾が付きます。

  • газета /ɡaˈzʲeta/газетой /ɡaˈzʲetoj/ [ɡɐˈzʲetəj] 新聞
  • неделя /nʲeˈdʲelʲa/неделей /nʲeˈdʲelʲej/ [nʲɪˈdʲelʲɪj]
  • земля /zʲemˈlʲa/землёй /zʲemˈlʲoj/ [zʲɪmˈlʲɵj] 地面(Земля で地球)
補足

詩などでは、第2変化の名詞の単数造格形として -/oju/, -/eju/(文字の綴りでは -ою, -ею)が使われることがあります。話し言葉ではふつう使われません。

語幹末が ж, ч, ш, щ, ц のときの形

語幹末が -/ʒ/, -/tɕ/, -/ʃ/, -/ɕː/, -/ts/(文字の綴りでは -ж, -ч, -ш, -щ, -ц)で終わる名詞の単数造格形の語尾は、語幹にアクセントがあれば -/ej/、語尾にアクセントがあれば -/oj/ となります。

文字の綴りでは、 の代わりに -ей または -ой を付けます。

  • передача /pereˈdatɕa/передачей /pereˈdatɕej/ [pɪrɪˈdat͡ɕɪj] 放送
  • душа /duˈʃa/душой /duˈʃoj/ [dʊˈʃˠoj]
補足

現在のロシア語では /ʒ, ʃ, ts/ は硬子音ですが、歴史的には、かつて軟子音でした。

これらの子音や、歴史的にも現在も軟子音である /tɕ, ɕː/ で語幹末が終わる単語の変化形は、特殊な形となることがあります。

③第3変化の名詞

ポイント

第3変化(女性名詞)の単数造格形の語尾-/ju/

第3変化(中性名詞)の単数造格形の末尾-/mʲenʲem/

基本の形

第3変化の名詞には、単数主格形の語尾がない女性名詞や、単数主格形が -/mʲa/ で終わる中性名詞が主に含まれます。

女性名詞の単数造格形は、軟子音で終わっている語幹に、さらに -/ju/ という語尾が付きます。文字の綴りでは、単数主格形の はそのままで、さらに を付けることになります。

  • новость /ˈnovostʲ/новостью /ˈnovostʲju/ [ˈnovəsʲtʲjʊ] ニュース
補足

「単数主格の語尾 の代わりに -ью を付ける」という記述の教科書がありますが、 は語幹の一部ですから、「単に語尾 を付ける」というのが正しい解釈です。

中性名詞の場合は、本来の語幹である -/mʲen/ に、語尾 -/em/ が付きます。ただし、この語尾の -/e/- は、その前に置かれた子音を軟子音に変化させる -/ʲe/- です。このため、語幹と語尾を合わせると -/mʲenʲem/ となります。

文字の綴りでは、単数主格の -мя-менем に変わります。

  • имя /ˈimʲa/именем /ˈimʲenʲem/ [ˈimʲɪnʲɪm] 名前
  • время /ˈvrʲemʲa/временем /ˈvrʲemʲenʲem/ [ˈvɾʲemʲɪnʲɪm] 時間

その他のタイプの名詞

男性名詞の путь「道」は、第3変化の女性名詞に似た変化をします。しかし、単数造格形だけは、第1変化と同じ語尾 -/om/ が付いて、путём /puˈtʲom/ となります。

  • путь /ˈputʲ/путём /puˈtʲom/ [pʊˈtʲɵm]

女性名詞の мать「母」と дочь「娘」は、単数主格形と単数対格形以外の語幹は、-/erʲ/ だけ長くなります。

単数造格形は、語尾 -/ju/ が付いて -/erʲju/(文字の綴りでは -ерью)となります。

  • мать /matʲ/матерью /ˈmatʲerʲju/ [ˈmatʲɪɾʲjʊ]
  • доть /dotɕ/дочерью /ˈdotɕerʲju/ [ˈdotɕɪɾʲjʊ]

名詞の複数造格形

ポイント

第3変化(中性名詞)以外の複数造格形の語尾-/amʲi/

第3変化(中性名詞)の複数造格形の末尾-/mʲenamʲi/

ロシア語の名詞の複数造格形はとてもシンプルです。どのような変化タイプの名詞にも、-/amʲi/ という語尾が付きます。

①第1変化の名詞

第1変化の名詞には、単数主格形に語尾のない男性名詞や、単数主格形の語尾が -/o/-/e/ の中性名詞があります。

男性名詞、中性名詞のどちらも、複数造格形は、-/amʲi/ という語尾を付けるだけです。

文字の綴りでは、男性名詞は、語幹が硬子音で終わる名詞は -ами、軟子音で終わる名詞は -ями となります。

中性名詞は、語幹が硬子音で終わる名詞は -ами に、軟子音で終わる名詞は -ями になります。

  • студент /stuˈdʲent/студентами /stuˈdʲentamʲi/ [stʊˈdʲentəmʲɪ] 学生
  • музей /muˈzʲej/музеями /muˈzʲejamʲi/ [mʊˈzʲejɪmʲɪ] 博物館
  • писатель /pʲiˈsatʲelʲ/писателями /pʲiˈsatʲelʲamʲi/ [pʲɪˈsatʲɪlʲɪmʲɪ] 作家
  • окно /oˈkno/окнами /ˈoknamʲi/ [ˈoknəmʲɪ]
  • море /ˈmorʲe/морями /moˈrʲamʲi/ [mɐˈɾʲæmʲɪ]

②第2変化の名詞

第2変化の名詞は、単数主格形の語尾が -/a/ です。ほとんどが女性名詞ですが、一部の男性名詞もこの変化タイプに含まれます。

女性名詞、男性名詞のどちらも、複数造格形は、-/amʲi/ という語尾を付けるだけです。

文字の綴りでは、語幹が硬子音で終わる名詞は -ами に、軟子音で終わる名詞は -ями になります。

  • газета /ɡaˈzʲeta/газетами /ɡaˈzʲetamʲi/ [ɡɐˈzʲetəmʲɪ] 新聞
  • неделя /nʲeˈdʲelʲa/неделями /nʲeˈdʲelʲamʲi/ [nʲɪˈdʲelʲɪmʲɪ]

③第3変化の名詞

基本の形

第3変化の名詞には、単数主格形の語尾がない女性名詞や、単数主格形が -/mʲa/ で終わる中性名詞が主に含まれます。

女性名詞の複数造格形は、-/amʲi/ という語尾を付けるだけです。文字の綴りでは、 の代わりに -ями を付けることになります。

  • новость /ˈnovostʲ/новостями /ˈnovostʲamʲi/ [ˈnovəsʲtʲɪmʲɪ] ニュース

中性名詞の複数造格形は、本来の語幹である -/mʲen/ に 語尾 -/amʲi/ が付きます。このため、語幹と語尾を合わせると -/mʲenamʲi/ になります。

文字の綴りでは、単数主格の -мя-менами に変わります。

  • имя /ˈimʲa/именами /imʲeˈnamʲi/ [ɪmʲɪˈnamʲɪ] 名前
  • время /ˈvrʲemʲa/временами /vrʲemʲeˈnamʲi/ [vɾʲɪmʲɪˈnamʲɪ] 時間

その他のタイプの名詞

男性名詞の путь「道」は、第3変化の女性名詞に似た変化をします。このため、複数造格形は путями となります。

  • путь /putʲ/путямnи /puˈtʲamʲi/ [pʊˈtʲæmʲɪ]

女性名詞の мать「母」と дочь「娘」は、単数主格形と単数対格形以外の語幹は、-/erʲ/ だけ長くなります。

複数造格形は、мать には -/amʲi/ が、дочь には -/mʲi/ が付きます。話し言葉では、дочь にも -/amʲi/ が付いて дочерями となることがあります。

  • мать /matʲ/матерями /matʲeˈrʲamʲi/ [mətʲɪˈɾʲæmʲɪ]
  • дочь /dotɕ/дочерьми /dotɕerʲˈmʲi/ [dət͡ɕɪɾʲˈmʲi]
     (話し言葉では дочерями /dotɕeˈrʲamʲi/ [dət͡ɕɪˈɾʲæmʲɪ] とも言う)

例外的な複数造格形

第1変化の名詞の中には、複数形が例外的な形になるものがあります。ひとつひとつ辞書で確認する必要があります。

例外的な複数主格形については、次の記事で説明していますので参考にしてください。

≫ ロシア語の名詞の数と複数主格

①第1変化の名詞(男性名詞)

複数主格形が -а, -я となる男性名詞

第1変化の男性名詞の中には、複数主格形の語尾が -/a/(文字の綴りでは -а, -я)となる単語があります。この語尾にアクセントがあります。

例外的な形となるのは複数主格形だけなので、複数造格形は規則通りに -/amʲi/(文字の綴りでは -ами-ями)の語尾が付きます。

  • город /ˈɡorod/городами /ɡoroˈdamʲi/ [ɡərɐˈdamʲɪ] 都市
    • 複数主格形は города /ɡoroˈda/
  • учитель /uˈtɕitʲelʲ/учителями /utɕitʲeˈlʲamʲi/ [ʊt͡ɕɪtʲɪˈlʲæmʲɪ] 教師
    • 複数主格形は учителя /utɕitʲeˈlʲa/

複数主格形が -ья となる男性名詞

第1変化の男性名詞の中には、複数主格形の末尾が -/ʲja/(文字の綴りでは -ья)となる単語があります。ここで -/ʲ/ は、直前の硬子音が軟子音となることを表しています。

この変化タイプの名詞では、複数形の語幹は、語幹末の子音が軟子音となって、さらに -/j/ が付いた形となっています。複数造格形の語尾 -/amʲi/ が付くと、末尾が -/ʲjamʲi/(文字の綴りでは -ьями)となります。

  • брат /brat/братьями /ˈbratʲjamʲi/ [ˈbratʲjɪmʲɪ] 兄、弟
    • 複数主格形は братья /ˈbratʲja/
  • стул /stul/стульями /ˈstulʲjamʲi/ [ˈstulʲjɪmʲɪ] いす
    • 複数主格形は стулья /ˈstulʲja/

同じように、複数主格形の語尾が -/ʲja/(文字の綴りでは -ья)となる男性名詞の中で、語幹が変化する名詞があります。 друг のように語幹の子音が交替する(/ɡ/ から /z/ へ)もの、сын のように語幹が -/ov/- で延長されるものです。

この変化タイプの名詞では、複数造格形の語尾 -/amʲi/ が付くと、末尾が -/ʲjamʲi/(文字の綴りでは -ьями)となります。

  • друг /druɡ/друзьями /druˈzʲjamʲi/ [drʊˈzʲjæmʲɪ] 友だち
    • 複数主格形は друзья /druˈzʲja/
  • сын /sin/сыновьями /sinoˈvʲjamʲi/ [sɨnɐˈvʲjæmʲɪ] 息子
    • 複数主格形は сыновья /sinoˈvʲja/

単数主格形が -ин で終わる男性名詞

第1変化の男性名詞の中で、-/ʲin/(文字の綴りでは -ин)で終わる人を表す単語があります。これらの複数主格形にはいくつかのタイプがあって、単数主格形の -/ʲin/(文字の綴りでは -ин)が、-/ʲe/, -/i/, -/a/(文字の綴りでは -е, -ы, -а)に変わります。ひとつひとつ辞書を引いて確認する必要があります。

この変化タイプの名詞の複数造格形は、単数主格形の -/ʲin/ を取り除いて -/amʲi/ を付けます。

  • крестьянин /krʲeˈstʲjanʲin/крестьянами /krʲeˈstʲjanamʲi/ [kɾʲɪˈsʲtʲjænəmʲɪ] 農民
    • 複数主格形は крестьяне /krʲeˈstʲjanʲe/
  • болгарин /bolˈɡarʲin/болгарами /bolˈɡaramʲi/ [bɐlˠˈɡarəmʲɪ] ブルガリア人
    • 複数主格形は болгары /bolˈɡari/
  • господин /ɡospoˈdʲin/господами /ɡospoˈdamʲi/ [ɡəspɐˈdamʲɪ] 紳士、~様
    • 複数主格形は господа /ɡospoˈda/

単数主格形が -онок, -ёнок で終わる男性名詞

第1変化の男性名詞の中で、-/onok/(文字の綴りでは -онок, -ёнок)で終わる生き物の子どもを表す単語があります。これらの複数主格形は、-/onok/-/ata/(文字の綴りでは -ата, -ята)に変わるものがあります。

この変化タイプの名詞の複数造格形は、単数主格形の -/onok/ を取り除いて -/atamʲi/ が付きます。

  • котёнок /koˈtʲonok/котятами /koˈtʲatamʲi/ [kɐˈtʲætəmʲɪ] 子猫
    • 複数主格形は котята /koˈtʲata/
  • мышонок /miˈʃonok/мышатами /miˈʃatamʲi/ [mɨˈʃˠatəmʲɪ] 子ネズミ
    • 複数主格形は мышата /miˈʃata/

複数形の語幹末が軟子音になる男性名詞

第1変化の男性名詞の中には、語幹末の硬子音が、複数形では軟子音になる単語があります。複数主格形の語尾はふつうの第1変化と同じ -/i/(文字の綴りでは )です。

この変化タイプの名詞の複数形は、主格以外でも語幹末が軟子音の単語であるかのように変化します。このため、複数造格形の語尾 -/amʲi/ が付くと、文字の綴りは -ями となります。

  • сосед /soˈsʲed/соседями /soˈsʲedʲamʲi/ [sɐˈsʲedʲɪmʲɪ] 隣人
    • 複数主格形は соседи /soˈsʲedʲi/
  • чёрт /tɕort/чертями /tɕerˈtʲamʲi/ [t͡ɕɪrˈtʲæmʲɪ] 悪魔
    • 複数主格形は черти /ˈtɕertʲi/
注意

чёрт は、複数形では語幹の母音が ё から е に変わるので注意してください。

②第1変化の名詞(中性名詞)

複数主格形が -и となる中性名詞

第1変化の中性名詞の中には、複数主格形の語尾が -/i/(文字の綴りでは )となる単語があります。このタイプの単語は、基本的なパターンと違うのは複数主格形だけです。このため、複数造格形には基本の形どおりに -/amʲi/ という語尾が付きます。

  • яблоко /ˈjabloko/яблоками /ˈjablokamʲi/ [ˈjæblˠəkəmʲɪ] リンゴ
    • 複数主格形は яблоки /ˈjablokʲi/
  • плечо /plʲeˈtɕo/плечами /plʲeˈtɕamʲi/ [plʲɪˈt͡ɕæmʲɪ]
    • 複数主格形は плечи /ˈplʲetɕi/

複数形の語幹末が軟子音となって、複数主格形が -и で終わる中性名詞

第1変化の中性名詞の中には、語幹末の硬子音が、複数形では軟子音になる単語があります。複数主格形の語尾はふつうの第1変化とは違っていて -/i/(文字の綴りでは )となります。また、ухо のように、語幹の子音が交替するものもあります。

この変化タイプの名詞の複数形は、語幹末が軟子音の単語であるかのように変化します。複数造格形の語尾自体は通常どおりに -/amʲi/(文字の綴りでは -ями-ами)です。

  • колено /koˈlʲeno/коленями /koˈlʲenʲamʲi/ [kɐˈlʲenʲɪmʲɪ]
    • 複数主格形は колени /koˈlʲenʲi/
  • ухо /ˈuxo/ушами /uˈʃamʲi/ [ʊˈʃˠamʲɪ]
    • 複数主格形は уши /ˈuʃi/

複数主格形が -ья となる中性名詞

第1変化の中性名詞の中には、複数主格形の末尾が -/ʲja/(文字の綴りでは -ья)となる単語があります。ここで -/ʲ/ は、直前の硬子音が軟子音となることを表しています。

この変化タイプの名詞では、複数形の語幹は、語幹末の子音が軟子音となって、さらに -/j/ が付いた形となっています。複数造格形の語尾 -/amʲi/ が付くと、末尾が -/ʲjamʲi/(文字の綴りでは -ьями)となります。

  • дерево /ˈdʲerʲevo/деревьями /dʲeˈrʲevʲjamʲi/ [dʲɪˈɾʲevʲjɪmʲɪ]
    • 複数主格形は деревья /dʲeˈrʲevʲja/
  • перо /pʲeˈro/перьями /ˈpʲerʲjamʲi/ [ˈpʲeɾʲjɪmʲɪ]
    • 複数主格形は перья /ˈpʲerʲja/

複数形で語幹が変化する中性名詞

第1変化の中性名詞の中には、複数形の語幹が -/ʲes/ で延長される単語があります。語尾は通常の第1変化と同じになるため、複数造格形の語尾は -/amʲi/(文字の綴りでは -ами)です。

  • небо /ˈnʲebo/небесами /nʲebʲeˈsamʲi/ [nʲɪbʲɪˈsamʲɪ]
    • 複数主格形は небеса /nʲebʲeˈsa/

名詞の造格の用法

名詞の造格には、多くの用法があって、さまざまな意味を表します。ここでは、基本的な用法をいくつか説明します。

道具や手段「~で」

造格の基本的な用法の一つは、動作を行なうための道具や手段として使われる物を表すことです。日本語の「~で」に対応します。

  • писать карандашом /pʲiˈsatʲ karandaˈʃom/ [pʲɪˈsatʲ kərəndɐˈʃˠom] 鉛筆で書く
    • карандашомкарандаш「鉛筆」の造格

受動態の意味上の主語として

ロシア語で「~される」のような受動態を表すには、いくつかの方法があります。例えば、不完了体動詞であれば ся 動詞を使ったり、完了体動詞であれば受動形動詞過去の短語尾形という形を使ったりします。

このとき、動作の意味上の主語、つまり、動作を行なう行為主は造格で表します。日本語では「~によって」と表現することが多いでしょう。

  • Эта книга писалась известным писателем. この本は有名な作家によって書かれた。
    /ˈeta ˈknʲiɡa pʲiˈsalasʲ iˈzvʲesnim pʲiˈsatʲelʲem/ [ˈɛtə ˈknʲiɡə pʲɪˈsalˠəsʲ ɪˈzvʲesnɨm pʲɪˈsatʲɪlʲɪm]
    • известным писателемизвестный писатель「有名な作家」の造格

述語名詞として

「~は~だ」や「~は~になった」のような、主語Aと述語名詞Bが同じ人や物を表す構文では、述語名詞を造格で表すのが基本です。

この構文で使われる動詞には、быть「~である」、стать「~になる」などがあります。

  • Он был студентом. 彼は学生だった。
    /on bil stuˈdʲentom/ [on bɨlˠ stʊˈdʲentəm]
    • студентомстудент「学生」の造格
  • Он стал инженером. 彼はエンジニアになった。
    /on stal inʒeˈnʲerom/ [on stalˠ ɪnʒˠɨˈnʲerəm]
    • инженероминженер「エンジニア」の造格
補足

この造格には、「A=B」の状態が、恒常的・絶対的なものではなく、一時的・相対的なものであるという意味が含まれています。

ただし、動詞 быть が現在形の есть として使われるときや、それが省略された構文では、述語名詞は主格で表します。

  • Он студент. 彼は学生だ。
    /on stuˈdʲent/ [on stʊˈdʲent]
    • студент「学生」は主格

さらに、主語が это のときは、述語名詞はいつでも主格のままです。

  • Это был наш дом. これは私たちの家だった。
    /ˈeto bil naʃ dom/ [ˈɛtə bɨlˠ naʃˠ dom]
    • наш дом「私たちの家」は主格

職業「~として」

職業などを表す名詞を造格で使って、「~として」の意味を表すことができます。

  • Я работаю врачом. 私は医者です(医者として働いています)。
    /ja raˈbotaju vraˈtɕom/ [jæ rɐˈbotəjʊ vrɐˈtɕɵm]
    • врачомврач「医者」の造格

主語の様態や状態「~のように」

造格の名詞が、「~のように」、「~の状態で」のように主語の様態や状態を副詞的に表すことがあります。

  • лететь стрелой /lʲeˈtʲetʲ strʲeˈloj/ [lʲɪˈtʲetʲ stɾʲɪˈlˠoj] 矢のように飛ぶ
    • стрелойстрела「矢」の造格
  • идти группой /iˈdtʲi ˈɡrupoj/ [ɪˈt̚tʲi ˈɡrupəj] 集団で行く
    • группойгруппа「集団、グループ」の造格

時間帯や季節

朝や昼のような一日の中の時間帯を表す名詞や、季節を表す名詞は、造格形が副詞的に使われます。

  • 時間帯
    • утром /ˈutrom/ [ˈutrəm] 朝に
    • днём /dnʲom/ [dʲnʲɵm] 昼に
    • вечером /ˈvʲetɕerom/ [ˈvʲet͡ɕɪrəm] 晩に
    • ночью /ˈnotɕju/ [ˈnot͡ɕjʊ] 夜に
  • 季節
    • весной /vʲeˈsnoj/ [vʲɪˈsnoj] 春に
    • летом /ˈlʲetom/ [ˈlʲetəm] 夏に
    • осенью /ˈosʲenʲju/ [ˈosʲɪnʲjʊ] 秋に
    • зимой /zʲiˈmoj/ [zʲɪˈmoj] 冬に

上の例で使われている名詞の主格形はそれぞれ、утроденьвечерночьвесналетоосеньзима です。

これらは、辞書には副詞として載っていることが多いのですが、もともとは名詞の造格形です。ですから、複数造格形で使われたり、形容詞によって修飾されることもあります。

  • вечерами /vʲetɕeˈramʲi/ [vʲɪtɕɪˈramʲɪ] 毎晩、夜ごと
    • вечерамивечер「晩」の複数造格形
  • глубокой ночью /ɡluˈbokoj ˈnotɕju/ [ɡlˠʊˈbokəj ˈnot͡ɕjʊ] 深夜に
    • глубокойглубокий「深い」の女性造格形

動詞や形容詞の目的語として

目的語として造格形の名詞を必要とする動詞や形容詞が数多くあります。

道具や手段などの、造格の基本的な用法として意味を理解できるものもありますが、意味の理解が難しいものもあります。動詞や形容詞の用法をひとつひとつ辞書で確認する必要があります。

  • наполнять бокалы вином /napolˈnʲatʲ boˈkali vʲiˈnom/ [nəpəlˠˈnʲætʲ bɐˈkalˠɨ vʲɪˈnom] グラスをワインで満たす
    • наполнять は「~(対格)を~(造格)で満たす」という動詞
    • бокалыбокал「ワイングラス」の対格
    • виномвино「ワイン」の造格
  • махать рукой /maˈxatʲ ruˈkoj/ [mɐˈxatʲ rʊˈkoj] 手を振る
    • махать は「~(造格)を振る」という動詞
    • рукойрука「手」の造格
  • заниматься русским языком /zanʲiˈmattsa ˈruskʲim jaziˈkom/ [zənʲɪˈmat̚t͡sə ˈruskʲɪm jɪzɪˈkom] ロシア語をやる(勉強する)
    • заниматься は「~(造格)に従事する、取り組む」という動詞
    • русским языкомрусский язык「ロシア語」の造格
  • Наша страна богата нефтью. 我が国は石油が豊富だ。
    /ˈnaʃa straˈna boˈɡata ˈnʲeftʲju/ [ˈnaʃˠə strɐˈna bɐˈɡatə ˈnʲeftʲjʊ]
    • богатабогатый「~(造格)が豊富な、豊かな」という形容詞の短語尾女性形
    • нефтьюнефть「石油」の造格

前置詞の目的語として

ロシア語の前置詞には、造格形の目的語を必要とするものがあります。前置詞によってさまざまな意味を表します。ここでは、いくつかの例を挙げます。

空間の前後を表す перед, за

造格形の名詞を、前置詞 перезд とともに使って「~の前に」、前置詞 за とともに使って「~の後ろに」のように、空間の前後の位置を表すことができます。

  • перед домом /pʲerʲed ˈdomom/ [pʲɪɾʲɪd‿ˈdoməm] 家の前に
    • домомдом「家」の造格
  • за дверью /za ˈdvʲerʲju/ [zɐ‿ˈdvʲeɾʲjʊ] ドアの後ろに、向こうに
    • дверьюдверь「ドア」の造格

共同や付属を表す с

前置詞 с とともに造格形の名詞が使われて、「~とともに、~と一緒に」の意味を表します。

  • с учителем /s uˈtɕitʲelʲem/ [s‿ʊˈt͡ɕitʲɪlʲɪm] 先生と一緒に
    • учителемучитель「先生」の造格
  • с молоком /s moloˈkom/ [s‿məlɐˈkom] ミルク入りの
    • молокоммолоко「ミルク」の造格

まとめ

ロシア語の名詞の造格について説明しました。

複数造格形は、どのような変化タイプの名詞も -/amʲi/ となるため、とてもシンプルです。

単数造格形と複数造格形の語尾
  • 単数造格形
    • 第1変化-/om/, -/em/
    • 第2変化-/oj/, -/ej/
    • 第3変化(女性名詞)-/ju/
    • 第3変化(中性名詞)-/mʲenʲem/
  • 複数造格形
    • 第1変化、第2変化、第3変化(女性名詞)-/amʲi/
    • 第3変化(中性名詞)-/mʲenamʲi/

また、名詞の造格の主な用法は次の通りです。

  • 道具や手段「~で」
  • 受動態の意味上の主語として
  • 述語名詞として
  • 職業「~として」
  • 主語の様態や状態「~のように」
  • 時間帯や季節
  • 動詞や形容詞、前置詞の目的語
参考文献
佐藤 純一(著)
¥3,850 (2024/07/09 23:35時点 | Amazon調べ)
\お得なプライムデー 7/16-17!/
Amazonで見る
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
匹田 剛(著)
¥3,850 (2024/07/09 14:52時点 | Amazon調べ)
\お得なプライムデー 7/16-17!/
Amazonで見る
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
寺田 吉孝(著)
¥1,320 (2024/07/09 23:35時点 | Amazon調べ)
\お得なプライムデー 7/16-17!/
Amazonで見る
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました