ロシア語の名詞の前置格【初級ロシア語】

言語
当サイトには広告リンクが含まれています。

ロシア語の名詞は、文の中でどのような役割を果たしているかを示すために形が変わります。これを格(かく)といいます。

ロシア語の名詞の6つの格のうち、常に前置詞とともに使われる前置格について説明します。

単数前置格形は、名詞の変化タイプによって -/e/ または -/i/ という語尾が付きます。複数造格形は、とても単純で、どのような名詞の変化タイプでも -/ax/ が付きます。

名詞の前置格形は、必ず前置詞と一緒に使われます。このため、その意味や用法は、使われる前置詞によって変わります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

名詞の前置格形の概要

名詞は、人や物、事を指し示す働きをする単語です。ロシア語の名詞には、次のような特徴があります。

  • 性(せい)の区別がある:男性、中性、女性
  • 数(すう)によって形が変わる:単数、複数
  • 格(かく)によって形が変わる:主格、対格、生格(属格)、与格、造格(具格)、前置格

このうちの、名詞の格の1つである前置格(ぜんちかく)について説明します。

前置格は、ロシア語の名詞が前置詞とともに使われて、文の中でさまざな意味を表す形です。

名詞の単数前置格形と複数前置格形を、多くの教科書にあるように語末の文字の綴りでまとめると次の表のようになります。

綴りによる名詞の前置格の形
名詞の性単数主格単数前置格複数前置格
男性名詞子音字(й 以外)-ах
-й, -ь-ях
女性名詞-ах
-ях
中性名詞-ах
-ях
-мя-мени-менах

ほとんどの名詞の単数前置格は で終わります。また、ь で終わる女性名詞は мя で終わる中性名詞は -мени という語尾になります。

複数前置格は -ах または -ях という語尾で、その前の子音が硬子音か軟子音かによって変わります。

また、語末の音(音素)でまとめると次の表のようになります。

音素による名詞の前置格の形
語末の
綴り
語幹単数主格単数前置格複数前置格名詞の性
語尾語尾語尾
第1変化
子音字硬子音-∅-/e/-/ax/男性名詞
-/j/
軟子音
硬子音-/o/中性名詞
軟子音-/e/
第2変化
硬子音-/a/-/e/-/ax/女性名詞
軟子音
第3変化
軟子音-∅-/i/-/ax/女性名詞
-мя-/mʲa/-/mʲen/-/ʲi/-/mʲen/-/ax/中性名詞

ロシア語の名詞の大部分を占める第1変化と第2変化の名詞は、単数前置格が -/e/ という同じ語尾となります。

第3変化の女性名詞(語幹が軟子音で終わる名詞)は、-/i/ という語尾になります。

同じ第3変化の中性名詞(単数主格が -/mʲa/ で終わる名詞)も、単数主格以外の語幹は -/mʲen/ で終わりますから、この語幹に -/i/ という語尾を付けるだけです(その前の -/n/- が軟子音に変わります)。

また、複数前置格の語尾は、どの変化タイプの名詞でも -/ax/ です。文字の綴りは、語幹末の子音が硬子音か軟子音かによって、-ах-ях になります。

名詞の単数前置格形

名詞の単数前置格形は比較的シンプルです。ほとんどの変化タイプの名詞には、語尾 -/e/ が付きます。第3変化の名詞には語尾 -/i/ が付きます。

①第1変化の名詞

ポイント

第1変化の単数前置格形の語尾-/e/

基本の形

第1変化の名詞には、単数主格形に語尾のない男性名詞や、単数主格形の語尾が -/o/-/e/ の中性名詞があります。

これらの変化タイプの名詞の単数前置格形の語尾は、すべて -/e/ という同じ形になります。文字の綴りでは です。

この単数前置格の語尾 -/e/ の前に置かれた硬子音は、ペアとなる軟子音があれば、軟子音に変化します。ですから、実際には -/ʲe/ であるということもできます。

  • студент /stuˈdʲent/студенте /stuˈdʲentʲe/ [stʊˈdʲentʲɪ] 学生
  • писатель /pʲiˈsatʲelʲ/писателе /pʲiˈsatʲelʲe/ [pʲɪˈsatʲɪlʲɪ] 作家
  • музей /muˈzʲej/музее /muˈzʲeje/ [mʊˈzʲejɪ] 博物館
  • окно /oˈkno/окне /oˈknʲe/ [ɐˈknʲe]
  • море /ˈmorʲe/море /ˈmorʲe/ [ˈmoɾʲɪ]
補足

море「海」は、単数主格形と単数前置格形が同じ形です。しかし、発音は微妙に違います。語末の -ре -/rʲe/ は、単数主格形では [ɾʲə]、単数前置格形では [ɾʲɪ] です。

しかし、この発音の違いにあまり神経質にこだわる必要はありません。主格形の は「エ」に近く、前置格形の は「イ」に近く、どちらも軽く発音すれば十分です。

語末が ий, ие のときの形

男性名詞で語末が -/ij/(文字の綴りでは -ий)で終わる名詞、中性名詞で語末が -/ije/(文字の綴りでは -ие)で終わる名詞は、単数前置格形の語末が -/ii/(文字の綴りでは -ии)となります。

  • гений /ˈɡʲenʲij/гении /ˈɡʲenʲii/ [ˈɡʲenʲɪɪ] 天才
  • здание /ˈzdanʲije/здании /ˈzdanʲii/ [ˈzdanʲɪɪ] 建物

なお、語末が -/ʲje/(文字の綴りでは -ье)で終わる名詞は、単数前置格形の語尾は基本の形どおりに -/e/ が付きます。このため語末は -/ʲje/(文字の綴りでは -ье)となります。

  • варенье /vaˈrʲenʲje/варенье /vaˈrʲenʲje/ [vɐˈɾʲenʲjɪ] ジャム

②第1変化の名詞(男性名詞)「第2前置格」

第1変化の男性名詞の中には、「~で」のように場所を表す前置詞 в / на の後の単数前置格が、通常の -/e/ とは違って、-/u/ となる名詞があります。このような前置格を第2前置格と呼びます。

第2前置格の形をもつ名詞には、次のような単語があります。語尾の -/u/ にアクセントがあります。

  • берег /ˈbʲerʲeɡ/берегу /bʲerʲeˈɡu/ [bʲɪrʲɪˈɡu]
  • лес /lʲes/лесу /lʲeˈsu/ [lʲɪˈsu]
  • сад /sad/саду /saˈdu/ [sɐˈdu]
  • год /ɡod/году /ɡoˈdu/ [ɡɐˈdu]

いくつかの例を挙げます。

  • на том берегу /na tom bʲerʲeˈɡu/ [nə tom bʲɪrʲɪˈɡu] 向こう岸で
  • гулять в лесу /ɡuˈlʲatʲ v lʲeˈsu/ [ɡʊˈlʲætʲ v‿lʲɪˈsu] 森の中を散歩する
  • в прошлом году /v ˈproʃlom ɡoˈdu/ [f‿ˈproʃˠlˠəm ɡɐˈdu] 去年に

なお、第2前置格の形をもつ名詞でも、в / на 以外の前置詞とともに使われる場合は、第2前置格は現われません。

  • о лесе /o ˈlʲesʲe/ [ɐ ˈlʲesʲɪ] 森について
  • о прошлом годе /o ˈproʃlom ˈɡodʲe/ [ɐ ˈproʃˠlˠəm ˈɡodʲɪ] 去年について

③第2変化の名詞

ポイント

第2変化の単数前置格形の語尾-/e/

基本の形

第2変化の名詞は、単数主格形の語尾が -/a/ です。ほとんどが女性名詞で、一部の男性名詞もこの変化に含まれます。

このタイプの名詞の単数前置格形の語尾は、すべて -/e/ という同じ形になります。文字の綴りでは です。

この単数前置格の語尾 -/e/ の前に置かれた硬子音は、ペアとなる軟子音があれば、軟子音に変化します。ですから、実際には -/ʲe/ であるということもできます。

  • газета /ɡaˈzʲeta/газете /ɡaˈzʲetʲe/ [ɡɐˈzʲetʲɪ] 新聞
  • неделя /nʲeˈdʲelʲa/неделе /nʲeˈdʲelʲe/ [nʲɪˈdʲelʲɪ]

語末が ия のときの形

語末が -/ija/(文字の綴りでは -ия)で終わる名詞は、単数前置格形の語末が -/ii/(文字の綴りでは -ии)となります。

  • станция /ˈstantsija/станции /ˈstantsii/ [ˈstant͡sɨɪ]

なお、語末が -/ʲja/(文字の綴りでは -ья)で終わる名詞は、単数前置格形の語尾は基本の形どおりに -/e/ が付きます。このため語末は -/ʲje/(文字の綴りでは -ье)となります。

  • статья /staˈtʲja/статье /staˈtʲje/ [stɐˈtʲje] 論文

④第3変化の名詞

ポイント

第3変化(女性名詞)の単数前置格形の語尾-/i/

第3変化(中性名詞)の単数前置格形の末尾-/mʲenʲi/

基本の形

第3変化の名詞には、単数主格形の語尾がない女性名詞や、単数主格形が -/mʲa/ で終わる中性名詞が主に含まれます。

女性名詞の単数前置格形は、軟子音で終わっている語幹に、さらに -/i/ という語尾が付きます。文字の綴りでは、単数主格形の の代わりに を付けることになります。

  • новость /ˈnovostʲ/новости /ˈnovostʲi/ [ˈnovəsʲtʲɪ] ニュース

中性名詞の場合は、本来の語幹である -/mʲen/ に、語尾 -/i/ が付きます。ただし、この語尾は、その前に置かれた子音を軟子音に変化させる -/ʲi/ です。このため、語幹と語尾を合わせると -/mʲenʲi/ となります。

文字の綴りでは、単数主格の -мя-мени に変わります。

  • имя /ˈimʲa/имени /ˈimʲenʲi/ [ˈimʲɪnʲɪ] 名前
  • время /ˈvrʲemʲa/времени /ˈvrʲemʲenʲi/ [ˈvɾʲemʲɪnʲɪ] 時間

その他のタイプの名詞

男性名詞の путь「道」は、第3変化の女性名詞に似た変化をします。このため語尾 -/i/ が付いて、пути /puˈtʲi/ となります。

  • путь /ˈputʲ/пути /puˈtʲi/ [pʊˈtʲi]

女性名詞の мать「母」と дочь「娘」は、単数主格形と単数対格形以外の語幹は、-/erʲ/ だけ長くなります。

単数前置格形は、語尾 -/i/ が付いて -/erʲi/(文字の綴りでは -ери)となります。

  • мать /matʲ/матери /ˈmatʲerʲi/ [ˈmatʲɪɾʲɪ]
  • доть /dotɕ/дочери /ˈdotɕerʲi/ [ˈdotɕɪɾʲɪ]

名詞の複数前置格形

ポイント

第3変化(中性名詞)以外の複数前置格形の語尾-/ax/

第3変化(中性名詞)の複数前置格形の末尾-/mʲenax/

ロシア語の名詞の複数前置格形はとてもシンプルです。どのような変化タイプの名詞にも、-/ax/ という語尾が付きます。

①第1変化の名詞

第1変化の名詞には、単数主格形に語尾のない男性名詞や、単数主格形の語尾が -/o/-/e/ の中性名詞があります。

男性名詞、中性名詞のどちらも、複数前置格形は、-/ax/ という語尾を付けるだけです。

文字の綴りでは、男性名詞は、語幹が硬子音で終わる名詞は -ах、軟子音で終わる名詞は -ях となります。

中性名詞は、語幹が硬子音で終わる名詞は -ах に、軟子音で終わる名詞は -ях になります。

  • студент /stuˈdʲent/студентах /stuˈdʲentax/ [stʊˈdʲentəx] 学生
  • музей /muˈzʲej/музеях /muˈzʲejax/ [mʊˈzʲejɪx] 博物館
  • писатель /pʲiˈsatʲelʲ/писателях /pʲiˈsatʲelʲax/ [pʲɪˈsatʲɪlʲɪx] 作家
  • окно /oˈkno/окнах /ˈoknax/ [ˈoknəx]
  • море /ˈmorʲe/морях /moˈrʲax/ [mɐˈɾʲæx]

②第2変化の名詞

第2変化の名詞は、単数主格形の語尾が -/a/ です。ほとんどが女性名詞ですが、一部の男性名詞もこの変化タイプに含まれます。

女性名詞、男性名詞のどちらも、複数前置格形は、-/ax/ という語尾を付けるだけです。

文字の綴りでは、語幹が硬子音で終わる名詞は -ах に、軟子音で終わる名詞は -ях になります。

  • газета /ɡaˈzʲeta/газетах /ɡaˈzʲetax/ [ɡɐˈzʲetəx] 新聞
  • неделя /nʲeˈdʲelʲa/неделях /nʲeˈdʲelʲax/ [nʲɪˈdʲelʲɪx]

③第3変化の名詞

基本の形

第3変化の名詞には、単数主格形の語尾がない女性名詞や、単数主格形が -/mʲa/ で終わる中性名詞が主に含まれます。

女性名詞の複数前置格形は、-/ax/ という語尾を付けるだけです。文字の綴りでは、 の代わりに -ях を付けることになります。

  • новость /ˈnovostʲ/новостях /ˈnovostʲax/ [ˈnovəsʲtʲɪx] ニュース

中性名詞の複数造格形は、本来の語幹である -/mʲen/ に 語尾 -/ax/ が付きます。このため、語幹と語尾を合わせると -/mʲenax/ になります。

文字の綴りでは、単数主格の -мя-менах に変わります。

  • имя /ˈimʲa/именах /imʲeˈnax/ [ɪmʲɪˈnax] 名前
  • время /ˈvrʲemʲa/временах /vrʲemʲeˈnax/ [vɾʲɪmʲɪˈnax] 時間

その他のタイプの名詞

男性名詞の путь「道」は、第3変化の女性名詞に似た変化をします。このため、複数前置格形は путях となります。

  • путь /putʲ/путях /puˈtʲax/ [pʊˈtʲæx]

女性名詞の мать「母」と дочь「娘」は、単数主格形と単数対格形以外の語幹は、-/erʲ/ だけ長くなります。

  • мать /matʲ/матерях /matʲeˈrʲax/ [mətʲɪˈɾʲæx]
  • дочь /dotɕ/дочерях /dotɕeˈrʲax/ [dət͡ɕɪˈɾʲæx]

例外的な前置格前置格形

第1変化の名詞の中には、複数形が例外的な形になるものがあります。ひとつひとつ辞書で確認する必要があります。

例外的な複数主格形については、次の記事で説明していますので参考にしてください。

≫ ロシア語の名詞の数と複数主格

①第1変化の名詞(男性名詞)

複数主格形が -а, -я となる男性名詞

第1変化の男性名詞の中には、複数主格形の語尾が -/a/(文字の綴りでは -а, -я)となる単語があります。この語尾にアクセントがあります。

例外的な形となるのは複数主格形だけなので、複数前置格形は規則通りに -/ax/(文字の綴りでは -ах-ях)の語尾が付きます。

  • город /ˈɡorod/городах /ɡoroˈdax/ [ɡərɐˈdax] 都市
    • 複数主格形は города /ɡoroˈda/
  • учитель /uˈtɕitʲelʲ/учителях /utɕitʲeˈlʲax/ [ʊt͡ɕɪtʲɪˈlʲæx] 教師
    • 複数主格形は учителя /utɕitʲeˈlʲa/

複数主格形が -ья となる男性名詞

第1変化の男性名詞の中には、複数主格形の末尾が -/ʲja/(文字の綴りでは -ья)となる単語があります。ここで -/ʲ/ は、直前の硬子音が軟子音となることを表しています。

この変化タイプの名詞では、複数形の語幹は、語幹末の子音が軟子音となって、さらに -/j/ が付いた形となっています。複数前置格形の語尾 -/ax/ が付くと、末尾が -/ʲjax/(文字の綴りでは -ьях)となります。

  • брат /brat/братьях /ˈbratʲjax/ [ˈbratʲjɪx] 兄、弟
    • 複数主格形は братья /ˈbratʲja/
  • стул /stul/стульях /ˈstulʲjax/ [ˈstulʲjɪx] いす
    • 複数主格形は стулья /ˈstulʲja/

同じように、複数主格形の語尾が -/ʲja/(文字の綴りでは -ья)となる男性名詞の中で、語幹が変化する名詞があります。 друг のように語幹の子音が交替する(/ɡ/ から /z/ へ)もの、сын のように語幹が -/ov/- で延長されるものです。

この変化タイプの名詞では、複数前置格形の語尾 -/ax/ が付くと、末尾が -/ʲjax/(文字の綴りでは -ьях)となります。

  • друг /druɡ/друзьях /druˈzʲjax/ [drʊˈzʲjæx] 友だち
    • 複数主格形は друзья /druˈzʲja/
  • сын /sin/сыновьях /sinoˈvʲjax/ [sɨnɐˈvʲjæx] 息子
    • 複数主格形は сыновья /sinoˈvʲja/

単数主格形が -ин で終わる男性名詞

第1変化の男性名詞の中で、-/ʲin/(文字の綴りでは -ин)で終わる人を表す単語があります。これらの複数主格形にはいくつかのタイプがあって、単数主格形の -/ʲin/(文字の綴りでは -ин)が、-/ʲe/, -/i/, -/a/(文字の綴りでは -е, -ы, -а)に変わります。ひとつひとつ辞書を引いて確認する必要があります。

この変化タイプの名詞の複数前置格形は、単数主格形の -/ʲin/ を取り除いて -/ax/ を付けます。

  • крестьянин /krʲeˈstʲjanʲin/крестьянах /krʲeˈstʲjanax/ [kɾʲɪˈsʲtʲjænəx] 農民
    • 複数主格形は крестьяне /krʲeˈstʲjanʲe/
  • болгарин /bolˈɡarʲin/болгарах /bolˈɡarax/ [bɐlˠˈɡarəx] ブルガリア人
    • 複数主格形は болгары /bolˈɡari/
  • господин /ɡospoˈdʲin/господах /ɡospoˈdax/ [ɡəspɐˈdax] 紳士、~様
    • 複数主格形は господа /ɡospoˈda/

単数主格形が -онок, -ёнок で終わる男性名詞

第1変化の男性名詞の中で、-/onok/(文字の綴りでは -онок, -ёнок)で終わる生き物の子どもを表す単語があります。これらの複数主格形は、-/onok/-/ata/(文字の綴りでは -ата, -ята)に変わるものがあります。

この変化タイプの名詞の複数前置格形は、単数主格形の -/onok/ を取り除いて -/atax/ が付きます。

  • котёнок /koˈtʲonok/котятах /koˈtʲatax/ [kɐˈtʲætəx] 子猫
    • 複数主格形は котята /koˈtʲata/
  • мышонок /miˈʃonok/мышатах /miˈʃatax/ [mɨˈʃˠatəx] 子ネズミ
    • 複数主格形は мышата /miˈʃata/

複数形の語幹末が軟子音になる男性名詞

第1変化の男性名詞の中には、語幹末の硬子音が、複数形では軟子音になる単語があります。複数主格形の語尾はふつうの第1変化と同じ -/i/(文字の綴りでは )です。

この変化タイプの名詞の複数形は、主格以外でも語幹末が軟子音の単語であるかのように変化します。このため、複数前置格形の語尾 -/ax/ が付くと、文字の綴りは -ях となります。

  • сосед /soˈsʲed/соседях /soˈsʲedʲax/ [sɐˈsʲedʲɪx] 隣人
    • 複数主格形は соседи /soˈsʲedʲi/
  • чёрт /tɕort/чертях /tɕerˈtʲax/ [t͡ɕɪrˈtʲæx] 悪魔
    • 複数主格形は черти /ˈtɕertʲi/
注意

чёрт は、複数形では語幹の母音が ё から е に変わるので注意してください。

②第1変化の名詞(中性名詞)

複数主格形が -и となる中性名詞

第1変化の中性名詞の中には、複数主格形の語尾が -/i/(文字の綴りでは )となる単語があります。このタイプの単語は、基本的なパターンと違うのは複数主格形だけです。このため、複数前置格形には基本の形どおりに -/ax/ という語尾が付きます。

  • яблоко /ˈjabloko/яблоках /ˈjablokax/ [ˈjæblˠəkəx] リンゴ
    • 複数主格形は яблоки /ˈjablokʲi/
  • плечо /plʲeˈtɕo/плечах /plʲeˈtɕax/ [plʲɪˈt͡ɕæx]
    • 複数主格形は плечи /ˈplʲetɕi/

複数形の語幹末が軟子音となって、複数主格形が -и で終わる中性名詞

第1変化の中性名詞の中には、語幹末の硬子音が、複数形では軟子音になる単語があります。複数主格形の語尾はふつうの第1変化とは違っていて -/i/(文字の綴りでは )となります。また、ухо のように、語幹の子音が交替するものもあります。

この変化タイプの名詞の複数形は、語幹末が軟子音の単語であるかのように変化します。複数前置格形の語尾自体は通常どおりに -/ax/(文字の綴りでは -ях-ах)です。

  • колено /koˈlʲeno/коленях /koˈlʲenʲax/ [kɐˈlʲenʲɪx]
    • 複数主格形は колени /koˈlʲenʲi/
  • ухо /ˈuxo/ушах /uˈʃax/ [ʊˈʃˠax]
    • 複数主格形は уши /ˈuʃi/

複数主格形が -ья となる中性名詞

第1変化の中性名詞の中には、複数主格形の末尾が -/ʲja/(文字の綴りでは -ья)となる単語があります。ここで -/ʲ/ は、直前の硬子音が軟子音となることを表しています。

この変化タイプの名詞では、複数形の語幹は、語幹末の子音が軟子音となって、さらに -/j/ が付いた形となっています。複数前置格形の語尾 -/ax/ が付くと、末尾が -/ʲjax/(文字の綴りでは -ьях)となります。

  • дерево /ˈdʲerʲevo/деревьях /dʲeˈrʲevʲjax/ [dʲɪˈɾʲevʲjɪx]
    • 複数主格形は деревья /dʲeˈrʲevʲja/
  • перо /pʲeˈro/перьях /ˈpʲerʲjax/ [ˈpʲeɾʲjɪx]
    • 複数主格形は перья /ˈpʲerʲja/

複数形で語幹が変化する中性名詞

第1変化の中性名詞の中には、複数形の語幹が -/ʲes/ で延長される単語があります。語尾は通常の第1変化と同じになるため、複数前置格形の語尾は -/ax/(文字の綴りでは -ах)です。

  • небо /ˈnʲebo/небесах /nʲebʲeˈsax/ [nʲɪbʲɪˈsax]
    • 複数主格形は небеса /nʲebʲeˈsa/

名詞の前置格の用法

前置格の名詞は、必ず前置詞と一緒に使われます。前置格そのものは特定の意味を持ちません。一緒に使われる前置詞によって、意味や用法が決まります。

ロシア語の前置詞は、主格以外のさまざまな格の名詞を目的語とします。その中で、前置格の名詞を目的語として要求する前置詞は、それほど多くありません。

前置格の名詞を必要とする主な前置詞には、次のようなものがあります。

場所を表す в / на

前置詞 вна とともに前置格形の名詞が使われて、動詞の表す動作が行なわれる場所や、人や物の存在する場所を表します。

前置詞 вна の本来の意味は、それぞれ「~の中」、「~の上・表面」です。前置格形の名詞とともに使われると「~の中で、に」、「~の上・表面で、に」の意味を表すのが基本です。

  • в столе /v stoˈlʲe/ [f‿stɐˈlʲe] 机の中に
  • на столе /na stoˈlʲe/ [nə‿stɐˈlʲe] 机の上に

ただし、「中」や「上・表面」を区別しない名詞の場合は、вна のどちらの前置詞を使うかが習慣的に決まっています。

  • в школе /v ˈʃkolʲe/ [ˈf‿ʃˠkolʲɪ] 学校で
  • на почте /na ˈpotɕtʲe/ [nə ˈpot͡ɕtʲɪ] 郵便局で

第1変化の男性名詞の中には、場所を表す вна とともに前置格形が使われるときに、-/u/ という語尾の「第2前置格」形となるものがあります。第2前置格 で説明していますので参考にしてください。

なお、前置詞 вна を対格形の名詞とともに使うと、「~へ」のように行き先を表す表現になります。次の記事で説明していますので参考にしてください。

関連を表す о

前置詞 о とともに前置格形の名詞が使われて、「~について」のように関連や話題を表します。

  • о школе /o ˈʃkolʲe/ [ɐ ˈʃˠkolʲɪ] 学校について
  • о работе /o raˈbotʲe/ [ə rɐˈbotʲɪ] 仕事について

状況下を表す при

前置詞 при とともに前置格形の名詞が使われて、「~のときに、~の状況下で」のように機会や状況を表します。

  • при случае /prʲi ˈslˠutɕaje/ [prʲɪ ˈslˠut͡ɕəjɪ] 機会があれば(機会のある状況で)
  • при входе /prʲi ˈvxodʲe/ [prʲɪ ˈfxodʲɪ] 入場の際に

付属を表す при

前置詞 при とともに前置格形の名詞が使われて、「~に付属した」のように付属や従属を表すことがあります。

  • при университете /prʲi unʲivʲersʲiˈtʲetʲe/ [prʲɪ ʊnʲɪvʲɪrsʲɪˈtʲetʲɪ] 大学付属の

まとめ

ロシア語の名詞の前置格について説明しました。

単数前置格形の語尾は -/e/ または -/i/、複数前置格形の語尾は -/ax/ です。

単数前置格形と複数前置格形の語尾
  • 単数前置格
    • 第1変化、第2変化-/e/
    • 第3変化(女性名詞)-/i/
    • 第3変化(中性名詞)-/mʲenʲi/
  • 複数前置格
    • 第1変化、第2変化、第3変化(女性名詞)-/ax/
    • 第3変化(中性名詞)-/mʲenax/

また、名詞の前置格は、必ず前置詞とともに使われます。このため、その意味や用法は、使われる前置詞によって異なります。

参考文献
佐藤 純一(著)
¥3,850 (2024/05/27 03:06時点 | Amazon調べ)
匹田 剛(著)
¥3,850 (2024/05/25 21:03時点 | Amazon調べ)
寺田 吉孝(著)
¥1,320 (2024/05/27 02:29時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました