タタール語チャレンジ(6日目)【ニューエクスプレスプラス】

言語
当サイトには広告リンクが含まれています。

白水社から『ニューエクスプレスプラス タタール語』が2022年12月に発売されて1年が経ちました。

当サイト管理人は、発売直後に購入したものの、ざっと眺めた程度で、ずっと読めずにいました。

2024年1月には同じテュルク諸語の『ニューエクスプレスプラス ウズベク語』が発売されるので、この機会にタタール語を一気に学習することにしました。

タタール語チャレンジの6日目は、第9課と第10課です。タタール語の動詞の2種類の未来形を学習します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タタール語チャレンジの進め方

『ニューエクスプレスプラス タタール語』は、白水社から出版された櫻間瑞希さんと菱山湧人さんによるタタール語の入門書です。全20課で構成され、その他に「文字と発音」の章、2課ごとに練習問題があります。

全20課を1日に2課ずつ学習を進めて、その様子を記事にしています。

タタール語文法の概略を説明した後、「日本語文からタタール語の文を作る」練習問題を通して、文法の確認をしていきます。

この記事を通してタタール語に興味を持った方は、ぜひ『ニューエクスプレスプラス タタール語』にチャレンジしてみてください。

櫻間瑞希、菱山湧人(著)
¥3,564 (2024/05/26 16:59時点 | Amazon調べ)
\5/31-6/3スマイルSALE!/
Amazonで見る
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る

白水社のサイトには正誤表が掲載されていますので、あわせて利用してください。

注意

この記事の内容に誤りがあっても、本書の著者さまや出版社さまには無関係です。誤りは当サイト管理人によるものです。

第9課

動詞の不確定未来形

動詞の不確定未来形は、次のような意味を表します。

  • まだ起こっていない出来事についての話し手の推測「~するだろう」
  • 約束、意志・申し出、柔らかい命令

不確定未来形は、語幹に次のような不確定未来形の接尾辞を付けて作ります。

不確定未来形の接尾辞
後舌母音前舌母音
母音で終わる語幹
子音で終わる語幹-ыр-ер
子音で終わる語幹
(特別な場合)
-ар-әр

語幹が子音で終わる動詞には、基本的に -ыр / -ер が付きます。

ただし、語幹が1音節で、л, р 以外の子音一つで終わる動詞には、基本的に -ар / -әр が付きます。

動詞の不確定未来形+人称の付属語

主語が1・2人称のときは、動詞の不確定未来形に人称の付属語を付けます。

人称の付属語
後舌母音前舌母音
単数 1人称 мин -мын-мен
2人称 син -сың-сең
複数 1人称 без -быз-без
2人称 сез -сыз-сез

不確定未来形の否定

これまでに学習した動詞の現在形や過去形・完了形では、否定語幹に時制の接尾辞を付けることで、否定の意味を表しました。

しかし、不確定未来形の否定は、動詞の語幹に -мас / -мәс を付けた形が基本となります。

主語が1・2人称のときは、これに人称の付属語が付きますが、1人称のときは特別な形になります。

不確定未来形の否定に人称の付属語が付いた形を作るには、語幹に次の表のような形が付きます。

後舌母音前舌母音
単数 1人称 мин -мам-мәм
2人称 син -массың-мәссең
複数 1人称 без -мабыз-мәбез
2人称 сез -массыз-мәссез

第10課

動詞の確定未来形

動詞の確定未来形は、次のような意味を表します。

  • まだ起こっていない出来事について、話し手が前もって知識を得ている場合「~する(予定だ)」
  • まだ起こっていない出来事について、話し手がそれが起こることを確信している場合「(絶対に)~する」

確定未来形は、次のような確定未来形の接尾辞を付けて作ります。

確定未来形の接尾辞
後舌母音前舌母音
母音で終わる語幹-ячак-ячәк
子音で終わる語幹-ачак-әчәк

語幹が й [j] で終わる場合は、-ачак / -әчәк が続くことで [jɑ] / [jæ] という発音になるため、文字の綴りでは -ячак / -ячәк となります。

また、語幹が и で終わる語幹は、本来的に [ij] という発音で終わっていると考えられるので、иячәк と綴ることによって [ijæɕæk] という発音を表します。

確定未来形の否定

「~しない(予定だ)」、「(絶対に)~しない」という確定未来形の否定は、否定語幹に確定未来形の接尾辞を付けて表します。 を付けて表します。

このとき、否定語幹は母音で終わるので、-ячак / -ячәк を付けることになります。

動詞の確定未来形+人称の付属語

主語が1・2人称のときは、動詞の確定未来形に人称の付属語を付けます。

人称の付属語
後舌母音前舌母音
単数 1人称 мин -мын-мен
2人称 син -сың-сең
複数 1人称 без -быз-без
2人称 сез -сыз-сез

иде を使った過去の表現

過去を表すいろいろな表現に使われる иде という単語があります。

動詞のない文の過去

形容詞が述語の文など、動詞が使われていない文で過去を表す場合、文末に иде「~だった」を置きます。

主語が1・2人称の場合、иде には人称の接尾辞が付きます。これは動詞の過去形に付く接尾辞と同じものです。

人称の接尾辞
後舌母音前舌母音
単数 1人称 мин
2人称 син
複数 1人称 без
2人称 сез -гыз -гез

過去進行の表現

過去における動作の進行「~していた」を表すには、動詞の現在形の後に иде を置きます。

主語が1・2人称の場合、иде には人称の接尾辞が付きます。

過去完了の表現

過去における動作の完了「~してしまっていた」をあらわすには、動詞の完了形の後に иде を置きます。

主語が1・2人称の場合、иде には人称の接尾辞が付きます。

練習問題

日本語の文からタタール語の文を作る練習問題を通じて、文法をおさらいしましょう。

(1) (君は)明日来るのだよ。

単語
  • иртәгә 明日
  • кил- 来る

「君は」が( )にくくられていますから、主語は син「君」ですが、明示しなくてもよいという、出題者の意図ですね。

「来るのだよ」をどのような意味に解釈すればよいでしょうか。ここでは、話し手が聞き手に対して「明日ちゃんと来るように」と約束を促していると解釈してみましょう。

そうすると不確定未来形を使うことになります。

кил-「来る」に不確定未来形の接尾辞 -ер を付けて、さらに主語が син ですから2人称単数の人称の付属語 -сең を付けて、килерсең となります。

Иртәгә килерсең.

(2) ハエがとまっていた。

単語
  • чебен ハエ
  • кун- とまる
  • иде ~だった

「とまっていた」は、どのような状況を表しているでしょうか。

話し手は、過去のある時を思い浮かべて、その時に「ハエが(既に)とまっていた」と言っているのですね。その時に「ハエがとまった」のではありませんから、過去形ではありません。

「とまる」というのは瞬間的な動作ですから、「とまっていた」というのは動作の進行を表しているのではありません。過去のある時点より前に「とまった」ハエが、ある時点でも「止まった状態が続いていた」ということです。

過去完了の表現を使うのがよさそうです。過去完了は、動詞の完了形の後に иде を付けて表します。

кун-「とまる」に完了形の接尾辞 -ган を付けて、その後に иде を続けます。主語は「ハエ」で3人称単数ですから、人称の接尾辞は付けません。

Чебен кунган иде.

(3) 君は(きっと)とてもよいお父さんになるよ。

単語
  • син
  • бик とても
  • яхшы よい
  • әти
  • бул- ある、である、なる

「よいお父さんになる」のは未来のことなので、不確定未来形か確定未来形を使うことになりそうです。

「きっと」とあるので、話し手が確信していると考えられるので、確定未来形を使うと考えました。

しかし、模範解答は不確定未来形でした。その理由は分かりません。

ここでは模範解答通りに不確定未来形で文を組み立ててみます。

述語は бул-「なる」ですから、これに不確定未来形の接尾辞 -ыр を付けて、主語が син「君」ですから2人称単数の人称の付属語 -сың を付けます。これで булырсың となります。

疑問

「きっと」は、新明解国語辞典 第8版(三省堂)によると、「物事が見込み(期待)通りに行なわれるにちがいないと確信をいだく様子。」とあります。

第10課の説明では「動詞の確定未来形は、まだ起こっていない出来事について、話者が前もって知識を得ている場合や、それが起こることを確信している場合に使われ」るとしています。

不確定未来形と確定未来形の使い分けについて、もう少し踏み込んだ説明が欲しいと思います。

Син бик яхшы әти булырсың.

(4) 街はとてもきれいになる予定です!

単語
  • шәһәр, кала
  • бик とても
  • матур 美しい、きれいな
  • бул- ある、である、なる

これも未来のことを表す文です。

「街をきれいにする」計画があって、話し手はそのことを知っている、というような状況でしょうか。

本当にきれいになるかどうかは分からないものの、予定されている未来の出来事は確定未来形で表すようです。

бул-「なる」に確定未来形の接尾辞 -ачак を付けます。主語が3人称単数ですから人称の付属語は付けません。

なお、主語の「街」は、模範解答は шәһәр ですが、кала を使っても良いと思います。

Шәһәр бик матур булачак!

(5) 私は準備できていなかった。

単語
  • мин
  • әзер 準備できた
  • түгел ~ではない
  • иде ~だった

「準備できていなかった」という過去の表現です。

述語は әзер「準備できた」という形容詞ですから、動詞のない文です。その場合は、иде「~だった」を使って過去を表します。

さらに、否定を表す必要があります。動詞であれば否定語幹を使って否定の意味を表しますが、形容詞の場合は түгел「~ではない」を使います。

ですから、 әзер түгел иде の順に並べて、「準備ができていなかった」となります。

主語が мин「私」ですから、人称の接尾辞 を忘れないようにしましょう。

Мин әзер түгел идем.

(6) 君はどこにいたんだい?

単語
  • син
  • кайда どこで、どこに
  • иде ~だった

「どこにいますか?」は、疑問副詞の кайда「どこで、どこに」を述語として使って表すことができます。

動詞のない文ですから、過去を表すには иде「~だった」を使います。

2人称単数の人称の接尾辞 を忘れないようにしましょう。

Син кайда идең?

櫻間瑞希、菱山湧人(著)
¥3,564 (2024/05/26 16:59時点 | Amazon調べ)
\5/31-6/3スマイルSALE!/
Amazonで見る
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました