ロシア語の形容詞の用法【初級ロシア語】

言語
当サイトには広告リンクが含まれています。

形容詞には、修飾的用法と述語的用法の2つの使い方があります。

修飾的用法は、「おもしろい本」のように、名詞の修飾語として使うものです。述語的用法は、「この本はおもしろい」のように、文の中で述語として使って、主語の名詞を説明するものです。

ロシア語の形容詞には、長語尾形と短語尾形という形がありますが、修飾的用法には、形容詞の長語尾形しか使いません。述語的用法では、形容詞の長語尾形も短語尾形も使うことができ、その使い分けには傾向があります。

しかし、使い分け方はあくまでも傾向であって、確かな基準はありません。

学習する中で短語尾形に出会ったときに、その都度、短語尾形の使い方を覚えていくのが効率的です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

形容詞の概要

形容詞は、人や物、事の性質や特徴、関係性を表す単語で、名詞を修飾したり、述語として使われたりします。

形容詞の用法
  • 名詞の修飾語として
  • 述語として

ロシア語の形容詞は、その表す意味に着目すると、性質形容詞、関係形容詞、所有形容詞に分類することができます。

形容詞の分類
  • 性質形容詞:人や物、事の性質や特徴を表す
  • 関係形容詞:人や物、事とのさまざまな関係性を表す
  • 所有形容詞:人や物、事の所属や所有関係を表す

また、形容詞の形や変化の仕方に着目すると、長語尾形と短語尾形と呼ばれる2つの形に分類することができます。

長語尾形には、次のような特徴があります。

形容詞の長語尾形の特徴
  • 性質形容詞関係形容詞も長語尾形をもつ
  • 名詞の修飾語としても、述語としても使う

また、短語尾形には、次のような特徴があります。

形容詞の短語尾形の特徴
  • 性質形容詞だけが短語尾形をもつ
  • 名詞の修飾語としては使えず、述語として使う

形容詞の特徴をまとめると、次のようになります。

修飾的用法述語的用法
性質形容詞長語尾形
短語尾形
関係形容詞長語尾形
所有形容詞ほぼ長語尾形
補足

所有形容詞は、多くの変化形で長語尾形と同じ変化をします。また、名詞の修飾語として使います。

この後の説明で、単語の中の赤字の母音字は、その母音にアクセントがおかれることを表しています。

名詞の修飾語として(修飾的用法)

形容詞は、名詞の修飾語として使われます。この使われ方を、修飾的用法(しゅうしょくてきようほう)や限定的用法などといいます。この場合、形容詞の長語尾形が使われ、短語尾形は使われません。

形容詞は、修飾する名詞の前におかれるのが原則です。そして、修飾する名詞の性・数・格に合わせて、同じ形に変化します。

  • Это интересная книга. これはおもしろい本だ。

形容詞 интересный「おもしろい」は、修飾する名詞 книга「本」の直前に置かれています。

また、книга は女性名詞です。Это …「これは~だ」という文の中で、単数主格の形になっています。

このため интересный は、книга に合わせて女性・単数・主格の形 интересная に変化しています。

述語として(述語的用法)

形容詞は、文の中で述語としても使われます。この使われ方を、述語的用法(じゅつごてきようほう)といいます。

  • Эта книга интересная. この本はおもしろい。

この文の主語は эта книга「この本」で、これがどのような本なのかを説明するために、述語として интересный「おもしろい」が使われています。

книга は女性名詞で、単数・主格ですから、これに合わせて女性・単数・主格の形 интересная に変化しています。

述語的用法には、形容詞の長語尾形も短語尾形も使われます。このため、長語尾形と短語尾形のどちらを使うか、使い分けが問題になります。

大まかな使い分け方には、次のようなものがあります。

  • ふつう短語尾形を使う形容詞(→ 短語尾形)
  • 長語尾形と短語尾形を使い分ける形容詞
    • 恒常的か(→ 長語尾形)、一時的か(→ 短語尾形)
    • 絶対的か(→ 長語尾形)、相対的か(→ 短語尾形)
    • 話しことばか(→ 長語尾形)、書きことばか(→ 短語尾形)

長語尾形と短語尾形の使い分けは、ふつう短語尾形を使うように決まっている形容詞以外は、あくまでもそのような傾向があるというだけで、確かな基準はありません。

ふつう短語尾形を使うもの

形容詞の中には、短語尾形しか使わないものがあります。

рад「うれしい」や должен「~しなければならない、~するはずだ」は、短語尾形しか存在しない形容詞です。

  • Очень рад с вами познакомиться. 知り合いになれてうれしい。
  • Я должен позвонить ему. 私は彼に電話しなければならない。

また、長語尾形も存在するものの、短語尾形とは違う意味を表す形容詞もあります。

  • Он больной. 彼は病人だ。(長語尾形 → 名詞)
  • Он болен. 彼は病気だ。(短語尾形)

「病気だ」という意味を表すには、短語尾形の болен を使います。

長語尾形の больной は、修飾的用法で「病的な、病弱な」として使われますが、述語的用法では使われません。上の例では、形容詞が名詞(男性名詞)として使われて、「病人、患者」の意味になっています。

恒常的性質、一時的性質

長語尾形は恒常的な性質を、短語尾形は一時的な性質を表す傾向があります。

  • Эта река спокойная. この川は穏やか(な川)だ。(長語尾形)
  • Эта река спокойна. この川は(いま)穏やかだ。(短語尾形)

река は「川」という女性名詞、спокойный は「穏やかな」という形容詞です。

長語尾形 спокойная を使った文では、恒常的な性質として「いつも穏やか」なニュアンスが現われます。

一方、短語尾形 спокойна を使った文では、例えば「昨日までは流れが速かったけれど、いまは穏やか」だというニュアンスを表したりします。

絶対的性質、相対的性質

短語尾形は、相対的な性質や特徴を表すことがあります。まず、例を挙げます。

  • Он молодой. 彼は若い。(長語尾形)
  • Он молод. 彼は(~には)若い。(短語尾形)

長語尾形 молодой「若い」を使った文は、子どもだったり高校生だったりなど、絶対的な若さ・年齢を意識して、「彼は若い」と表す文です。

これに対して短語尾形 молод を使った文は、彼の絶対的な若さ・年齢を問題にしているのではありません。例えば、「総理大臣をやるには若すぎる」のように、対象となるものや状況に対して「若い、若すぎる」ということを表しています。

靴や洋服を選んでいて、「(私には)小さい」という状況のときにも短語尾形が使えます。

補足

ここでは「相対的」ということばを使いましたが、他のものと比べて「小さい」というような場合は、形容詞の比較級を使って表しますので注意してください。

「この服はあれより小さい。」の場合は、短語尾形ではなく比較級を使います。

話しことば、書きことば

長語尾形と短語尾形の使われる文体には、違いがあると言われます。

書きことばでは短語尾形が好まれます。

一方、長語尾形は、話しことばでも書きことばでも使われる中立的な表現ですが、会話では長語尾形が好まれる傾向があるようです。

ですから、短語尾形しか存在しない形容詞や、ふつう短語尾形を使う形容詞をしっかりと学習して、それ以外は、長語尾形を使うようにすれば、大きな間違いはありません。

形容詞の使い方の注意点

形容詞の使い方について、少し注意点があります。

主語が単数の вы のとき

形容詞の述語的用法で、主語が вы のときには、少し注意が必要です。

人称代名詞の вы には、単数の вы「(敬称の)あなた」と、複数の вы「(親称の)きみたち、(敬称の)あなたたち」の意味があります。

人称代名詞 вы の表す意味
単数複数
親称きみたち
敬称あなたあなたたち

вы が単数の主語「あなた」を表すとき、述語の形容詞は、長語尾形ならば単数形になります。このため、主語の вы が表す人が男性であるか女性であるかによって、形容詞も男性形か女性形に変化します。

一方、述語の形容詞が短語尾形ならば、複数形になります。

вы が単数の主語を表すとき
  • 長語尾形
    • Вы молодой. あなたは若い。(вы が男性)
    • Вы молодая. あなたは若い。(вы が女性)
  • 短語尾形
    • Вы молобы. あなたは若すぎる。
      • вы が男性でも女性でも形容詞は複数形

述語の造格について

「~は~だ」や「~は~になった」のような文では、述語部分におかれる名詞や形容詞は、現在形では主格、過去形や未来形では造格になるのが基本です。

この造格は、述語で表している名詞や形容詞が、一時的・相対的な状態であることを意味しています。

述語部分が名詞の場合は、次のような文になります。

  • Он студент.「彼は学生だ。」(主格)
  • Он был студентом.「彼は学生だった。」(造格)

述語部分が形容詞の場合も、基本的には同じです。

  • Он молодой.「彼は若い。」(長語尾形、主格)
  • Он был молодым.「彼は若かった。」(長語尾形、造格)

ただし、形容詞が述語となるときには、述語的用法で説明したように、一時的・相対的な性質を表すには短語尾形を使うという選択肢もあります。

  • Он был молод.「彼は若かった。」(短語尾形)

実際には、長語尾の造格形よりも、短語尾形を使うことの方が多いようです。

なお、主語が это の場合は、述語の形容詞はいつでも主格になります。

名詞の主格と造格の使い方については、次の記事でも説明していますので参考にしてください。

まとめ

形容詞の使い方について説明しました。

形容詞には、修飾的用法と述語的用法の2つの使い方があります。

修飾的用法は、「おもしろい本」のように、名詞の修飾語として使うものです。修飾的用法には、形容詞の長語尾形しか使いません。

また、述語的用法は、「この本はおもしろい」のように、文の中で述語として使って、主語の名詞を説明するものです。述語的用法では、形容詞の長語尾形も短語尾形も使うことができるので、その使い分けが重要になります。

  • ふつう短語尾形を使う形容詞(→ 短語尾形)
  • 長語尾形と短語尾形を使い分ける形容詞
    • 恒常的か(→ 長語尾形)、一時的か(→ 短語尾形)
    • 絶対的か(→ 長語尾形)、相対的か(→ 短語尾形)
    • 話しことばか(→ 長語尾形)、書きことばか(→ 短語尾形)

このような長語尾形と短語尾形の使い分けは、あくまでもそのような傾向があるというだけで、確かな基準はありません。

学習する中で短語尾形に出会ったときに、その都度、短語尾形の使い方を覚えていくのが効率的です。

参考文献
佐藤 純一(著)
¥3,850 (2024/04/21 04:32時点 | Amazon調べ)
匹田 剛(著)
¥3,850 (2024/04/22 19:29時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました