ロシア語の形容詞変化の名詞【初級ロシア語】

言語
当サイトには広告リンクが含まれています。

形容詞の変化をする名詞について説明します。

ロシア語の名詞の多くは、第1変化、第2変化、第3変化のどれかのパターンで格変化しますが、それ以外に、形容詞の長語尾形と同じように変化をする名詞があります。

形容詞の変化をする名詞は、もともとは形容詞だった単語で、次のようなタイプがあります。

  • 「形容詞 + 名詞」の「名詞」が省略されて、残った形容詞が名詞として使われるようになった単語
  • 形容詞の中性形が「~な物、事」のように名詞的に使われた単語
  • 形容詞の複数形が「~な人々」のように名詞的に使われた単語

このような名詞は、かたちは形容詞とまったく同じですから、文の中で形容詞として使われているのか、名詞として使われているのかに注意する必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

名詞の変化の概要

名詞の特徴

名詞は、人や物、事を指し示す働きをする単語です。ロシア語の名詞には、次のような特徴があります。

  • 性(せい)の区別がある:男性、中性、女性
  • 数(すう)によって形が変わる:単数、複数
  • 格(かく)によって形が変わる:主格、対格、生格(属格)、前置格、与格、造格(具格)

ロシア語の名詞は、3つのグループに分類されます。このグループを伝統的に、男性名詞(だんせいめいし)、中性名詞(ちゅうせいめいし)、女性名詞(じょせいめいし)と呼んでいます。このため、名詞には「性の区別」があると言ったりします。

また、ロシア語の名詞は、指し示す人や物・事が1人・1個であるか、2人・2個以上であるかによって、形が変わります。この区別を(すう)といいます。ロシア語の名詞は、単数(たんすう)か複数(ふくすう)かによって形が変わります。

そして、ロシア語の名詞は、文の中でどのような役割を果たしているかを示すために形が変わります。この役割を(かく)といいます。

そして、数や格によって名詞の形が変わることを曲用(きょくよう)と呼びますが、ここでは、一般的によく使われるように「格変化(かくへんか)」と呼ぶことにします。

名詞の格変化の分類

ロシア語の名詞の格変化のしかたには、大きく分けて次の3つの変化パターンがあります。

  • 第1変化:多くの男性名詞、多くの中性名詞
  • 第2変化:多くの女性名詞、一部の男性名詞
  • 第3変化:一部の女性名詞、一部の中性名詞

ロシア語の名詞の格変化(第1変化)

ロシア語の名詞の格変化(第2変化)

ロシア語の名詞の格変化(第3変化)

しかし、名詞の中には、これらの変化ではなく、形容詞と同じ変化をするものがあります。そのような名詞は、形容詞の長語尾形と同じように、性・数、格によって形を変えます。

形容詞の変化をする名詞は、もともとは形容詞だった単語で、次のようなタイプがあります。

  • 「形容詞 + 名詞」の「名詞」が省略されて、残った形容詞が名詞として使われるようになった単語
  • 形容詞の中性形が「~な物、事」のように名詞的に使われた単語
  • 形容詞の複数形が「~な人々」のように名詞的に使われた単語

この後の説明で、単語の中の赤字の母音字は、その母音にアクセントがおかれることを表しています。

形容詞の変化をする名詞

形容詞の変化をする名詞は、形容詞の長語尾形と同じように格変化をします。

つまり、その名詞が男性名詞であれば男性形と、中性名詞であれば中性形と、女性名詞であれば女性形と同じ格変化です。また、その名詞が複数形で使われるときは形容詞の複数形と同じ格変化をします。

ひとつの名詞が、男性形・中性形・女性形・複数形の4つのかたちに変化するわけではないことに注意してください。

形容詞の長語尾形の格変化については、次の記事で説明していますので参考にしてください。

格変化の語尾だけを抜き出すと、次のようになります。語幹末が硬子音の単語(硬変化)と、軟子音の単語(軟変化)では、少しだけ語尾が違います。

音素による形容詞の長語尾形の格変化の語尾
(硬変化型)
単数複数
男性中性女性
主格-/ij/-/oje/-/aja/-/ije/
対格不活動体=主格
活動体=生格
=主格-/uju/不活動体=主格
活動体=生格
生格-/ovo/-/oj/-/ix/
前置格-/om/-/oj/-/ix/
与格-/omu/-/oj/-/im/
造格-/im/-/oj/-/imʲi/
音素による形容詞の長語尾形の格変化の語尾
(軟変化型)
単数複数
男性中性女性
主格-/ij/ -/eje/ -/aja/-/ije/
対格不活動体=主格
活動体=生格
=主格 -/uju/不活動体=主格
活動体=生格
生格-/evo/ -/ej/-/ix/
前置格-/em/ -/ej/-/ix/
与格-/emu/ -/ej/-/im/
造格-/im/ -/ej/-/imʲi/

この表は、語尾の音(音素)で表しています。実際に文字で綴るときには、母音の前の子音が硬子音か軟子音かによる母音文字の書き分けや、正書法の規則による綴りの変化に気をつける必要があります。

これらについては、次の記事で説明していますので参考にしてください。

人を表す名詞

形容詞の変化をする名詞の中に、人を表す名詞があります。

これらの名詞は、表す人が男性であれば男性名詞として男性形の変化をします。女性であれば女性名詞として女性形の変化をします。また、それらが複数の人を表す場合は複数形の変化をします。

  • русский / русская / русские ロシア人(← русский ロシアの)
  • знакомый / знакомая / знакомые 知人(← знакомый 知人の、知っている)
  • больной / больная / больные 病人(← больной 病気の)
  • рабочий / рабочая / рабочие 労働者(← рабочий 労働者の)

また、形容詞の複数形は、「~な人々」という意味を表すことがあります。これがそのまま名詞として使われるようになった単語があります。

  • престарелые 高齢者(← престарелый 高齢の)
  • многие 大勢(← многий 多くの)
補足

形容詞ではありませんが、定代名詞 весь「すべての~」の複数形 все が名詞的に「すべての人」を表すのも、同じような使われ方です。

物や事を表す名詞

形容詞の変化をする名詞の中で、物や事を表す名詞には、男性名詞、中性名詞、女性名詞、複数形の名詞のどのタイプの名詞もあります。

これらの名詞には、現代のロシア語でいまでも形容詞としての意味を持つ単語もあれば、現在は形容詞としては使われない単語もあります。

男性名詞

男性名詞はあまり多くありません。ここでは一つだけ例を挙げます。

  • портной 仕立屋
補足

портной は「仕立屋」という職業ですから、厳密には、物や事を表す名詞に分類するのは適当ではないかもしれません。しかし、「女性の仕立屋」は、портниха といい、портная とは言わないため、ここに分類しました。

中性名詞

中性名詞には、まず、具体的な物や事を表す名詞があります。

  • мороженое アイスクリーム(← мороженый 冷凍の、凍った)
  • животное 動物(← животный 動物の)
  • насекомое 昆虫

また、形容詞の中性形は、「~な物、事」という抽象的な意味を表すことがあります。これが名詞として使われると、抽象名詞や集合名詞となります。

  • настоящее 現在(← настоящий 現在の、今の)
  • прошлое 過去(← плошлый 過ぎ去った)
  • будущее 未来(← будущий 未来の、今後の)
  • хорошее よいこと(← хороший よい)
  • многое 多くのこと(← многий 多くの)
  • непонятное 不可解なこと(← непонятный 不可解な、難解な)
補足

形容詞ではありませんが、定代名詞 весь「すべての~」の中性形 всё が名詞的に「すべての物、事」を表すのも、同じような使われ方です。

女性名詞

女性名詞には、店や建物の部屋を表す単語が多くあります。

  • булочная /ˈbuloʃnaja/ [ˈbuləʃˠnəjə] パン屋
  • парикмахерская 理髪店
  • столовая 食堂、ダイニングルーム(← столовый テーブルの、食卓の)
  • гостиная 客間、応接間
  • ванная 浴室
  • запятая コンマ
  • кривая 曲線(← кривой 曲がった)

複数形の名詞

複数形でしか使われない名詞もあります。

  • данные データ
  • наличные 現金(← наличный 現存する)
  • премиальные ボーナス、賞金(← премиальный 賞金の)

お金に関係する単語は、その後にあった複数形の名詞 деньги「お金」が省略されたと考えることができます。

まとめ

形容詞の変化をする名詞について説明しました。

ロシア語の名詞の多くは、第1変化、第2変化、第3変化のどれかのパターンで格変化しますが、それ以外に、形容詞の長語尾形と同じように変化をする名詞があります。

形容詞の変化をする名詞は、もともとは形容詞だった単語で、次のようなタイプがあります。

  • 「形容詞 + 名詞」の「名詞」が省略されて、残った形容詞が名詞として使われるようになった単語
  • 形容詞の中性形が「~な物、事」のように名詞的に使われた単語
  • 形容詞の複数形が「~な人々」のように名詞的に使われた単語

このような名詞は、かたちは形容詞とまったく同じですから、文の中で形容詞として使われているのか、名詞として使われているのかに注意する必要があります。

参考文献
佐藤 純一(著)
¥3,850 (2024/02/22 17:11時点 | Amazon調べ)
匹田 剛(著)
¥3,850 (2024/02/23 20:34時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました