ロシア語の所有形容詞【初級ロシア語】

言語
当サイトには広告リンクが含まれています。

ロシア語には、所有形容詞(物主形容詞)とよばれる形容詞があります。人や動物への所属や所有関係を表します。

現代のロシア語では、所有形容詞が使われる場面は少ないですが、順序数詞の третий「3番目の」は、所有形容詞と同じ変化をします。このため、まず третий の変化を覚えるのがよいでしょう。

所有形容詞は、常に名詞の修飾語として使われます。また、関係する名詞の性・数・格によって形が変わります。

その変化のしかたには、次の3つのタイプがあります。

  • -ий
  • -ов / -ев / -ёв型
  • -ин / -ын

形容詞の長語尾形の変化と、名詞の変化が混ざったような変化をします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

所有形容詞の概要

形容詞は、人や物、事の性質や特徴、関係性を表す単語です。名詞を修飾したり、述語として使われたりします。

ロシア語の形容詞は、その表す意味に着目すると、性質形容詞、関係形容詞、所有形容詞に分類することができます。

形容詞の分類
  • 性質形容詞:人や物、事の性質や特徴を表す
  • 関係形容詞:人や物、事とのさまざまな関係性を表す
  • 所有形容詞:人や動物への所属や所有関係を表す

ここで説明する所有形容詞(しょゆうけいようし)は、「誰の?」という質問に対して「○○の」と答える役割をもつ形容詞です。

人や動物への所属や所有「関係」を表す形容詞ですから、所有形容詞も関係形容詞の一種と言うこともできます。

しかし、所有形容詞の格変化のしかたは、関係形容詞の格変化、つまり長語尾形の変化のしかたとは違う部分があります。このため、所有形容詞を関係形容詞とは別に分類して説明します。

なお、これまで多くのロシア語学習書では「物主形容詞(ぶっしゅけいようし)」と呼ばれてきました。他の学習書を読むときには注意してください。

所有形容詞は、常に名詞の修飾語として使われます。また、その変化のしかたには次のような特徴があります。

所有形容詞の変化の特徴
  • 関係する名詞の性(せい)によって形が変わる:男性、中性、女性
  • 関係する名詞の数(すう)によって形が変わる:単数、複数
  • 格(かく)によって形が変わる:主格、対格、生格(属格)、前置格、与格、造格(具格)

この変化の特徴は、形容詞の長語尾形の特徴と同じです。

この後の説明で、単語の中の赤字の母音字は、その母音にアクセントがおかれることを表しています。

所有形容詞の変化

所有形容詞を、その変化のしかたで分類すると、次の3つにタイプに分けられます。

  • -ий
  • -ов / -ев / -ёв型
  • -ин / -ын

-ий

人や動物を表す名詞から作られる所有形容詞です。

もとの名詞に語尾が付いていれば取り外して、-/ij/(文字の綴りでは -ий)の接尾辞を付けた形が、所有形容詞の男性単数形主格になります。

この -/ij/ は、その前に置かれた子音を変化させる「硬口蓋化(こうこうがいか)」と呼ばれる音韻変化(おんいんへんか)を起こします。例えば、/ɡ//ʒ/, /k//tɕ/, /x//ʃ/(文字の綴りでは、гж, кч, хш)のように変化します。

また、直前の子音が硬口蓋化を起こさない場合でも、軟子音に変化します。

  • волк /volk/「狼」→ волчий /ˈvoltɕij/「狼の」
  • лиса /lʲiˈsa/「狐」→ лисий /ˈlʲisʲij/「狐の」
  • бог /bog/「神」→ божий /ˈboʒij/「神の」

この -/ij/ の付いた形が男性単数主格の形です。その他の変化形には、さらに変化語尾が付きます。変化語尾は次の通りです。

音素による所有形容詞の格変化の語尾
-ий型)
単数 複数
男性 中性 女性
主格 -∅ -/e/ -/a/ -/i/
対格 不活動体=主格
活動体=生格
=主格 -/u/ 不活動体=主格
活動体=生格
生格 -/evo/ -/ej/ -/ix/
前置格 -/em/ -/ej/ -/ix/
与格 -/emu/ -/ej/ -/im/
造格 -/im/ -/ej/ -/imʲi/

表の中の    は、名詞の変化語尾と同じ部分です。また、   は、形容詞の長語尾形の変化語尾と同じ部分です。語幹(男性単数主格の形)の末尾が -/j/ という軟子音で終わっているため、軟変化型の形容詞とほぼ同じです。

これを文字の綴りで表すと、次のようになります。

文字の綴りによる所有形容詞の格変化の語尾
-ий型)
単数 複数
男性 中性 女性
主格 なし
対格 不活動体=主格
活動体=生格
=主格 不活動体=主格
活動体=生格
生格 -его -ей -их
前置格 -ем -ей -их
与格 -ему -ей -им
造格 -им -ей -ими

このように、名詞の格変化と形容詞の格変化が混ざったような変化をします。

ここで注意が必要なのは、はじめに付けた接尾辞 -/ij/-/i/-(文字の綴りでは -ий-и-)は出没母音であることです。男性主格の形以外では、この後ろに語尾の母音が続くため、出没母音の -/i/- は消えてしまいます。

このタイプの所有形容詞の例として、лисий /ˈlʲisʲij/「狐の」の例を挙げます。лиса /lʲiˈsa/「狐」をもとにした所有形容詞です。出没母音の и が消えることによって、その直前の子音 с が軟子音であることを表すために、сь と綴られることに注意してください。

лисийの格変化(-ий型)
単数 複数
男性 中性 女性
主格 лисий лисье лисья лисьи
対格 不活動体=主格
活動体=生格
=主格 лисью 不活動体=主格
活動体=生格
生格 лисьего лисьей лисьих
前置格 лисьем лисьей лисьих
与格 лисьему лисьей лисьим
造格 лисьим лисьей лисьими

男性前置格の形を例に挙げると、音素で表せば /ˈlʲisʲ(i)j/-/em//ˈlʲisʲjem/ となって、文字では /sʲ/сь/je/е と綴られるため、лисьем となるわけです。

このように、綴りの見かけ上では、и が ь に変化しているように見えます。

さらに注意点があります。音韻変化によって、文字の綴りが гж, кч, хш のように変化した場合にも、この文字 ь が綴られます。

文字 ж, ч, ш(音素表記で /ʒ/, /tɕ/, /ʃ/)は、その後ろに ь を綴っても綴らなくても、発音は変化せず、/ʒ/, /tɕ/, /ʃ/ のままです。しかし、所有形容詞の変化の綴りでは、лисий の場合と同じように ь を綴るのです。

волчий /ˈvoltɕij/「狼の」の例を挙げます。волк /volk/「狼」をもとにした所有形容詞です。

волчийの格変化(-ий型)
単数 複数
男性 中性 女性
主格 волчий волчье волчья волчьи
対格 不活動体=主格
活動体=生格
=主格 волчью 不活動体=主格
活動体=生格
生格 волчьего волчьей волчьих
前置格 волчьем волчьей волчьих
与格 волчьему волчьей волчьим
造格 волчьим волчьей волчьими
補足

この変化タイプで最も重要な単語は、третий /ˈtrʲetʲij/「3番目の」です。

この単語は、所有形容詞ではなく順序数詞ですが、-ий型の所有形容詞と同じ変化をします。

третийの格変化(-ий型)
単数 複数
男性 中性 女性
主格 третий третье третья третьи
対格 不活動体=主格
活動体=生格
=主格 третью 不活動体=主格
活動体=生格
生格 третьего третьей третьих
前置格 третьем третьей третьих
与格 третьему третьей третьим
造格 третьим третьей третьими

なお、多くの学習書や辞書では、この変化タイプの所有形容詞を「特殊変化の形容詞」として、男性単数形主格の語尾が -ий であるとしています。しかし、ここで説明したように、男性単数形主格には語尾がないと考えるのが正しいのです。

-ов / -ев / -ёв

人を表す子音で終わる男性名詞から作られる所有形容詞です。つまり、第1変化の男性名詞がもとになっています。

もとの名詞の末尾の子音が硬子音ならば -/ov/、軟子音ならば -/ev/ の接尾辞を付けた形が、所有形容詞の男性単数形主格になります。ただし、末尾の子音が軟子音で、接尾辞にアクセントがある場合は -/ov/ を付けます。

文字の綴りでは、もとの名詞の末尾の子音が硬子音ならば -ов、軟子音ならば -ев、軟子音で接尾辞にアクセントがあれば -ёв となります。

  • отец /oˈtʲets/「父」→ отцов /oˈttsov/「父の」
  • тесть /tʲestʲ/「妻の父」→ тестев /ˈtʲestʲev/「妻の父の」
  • царь /tsarʲ/「皇帝」→ царёв /tsaˈrʲov/「皇帝の」

この -/ov/, -/ev/ の付いた形が男性単数主格の形です。その他の変化形には、さらに変化語尾が付きます。変化語尾は次の通りです。

音素による所有形容詞の格変化の語尾
-ов / -ев / -ёв型)
単数 複数
男性 中性 女性
主格 -∅ -/o/ -/a/ -/i/
対格 不活動体=主格
活動体=生格
=主格 -/u/ 不活動体=主格
活動体=生格
生格 -/a/ -/oj/ -/ix/
前置格 -/om/ -/oj/ -/ix/
与格 -/u/ -/oj/ -/im/
造格 -/im/ -/oj/ -/imʲi/

表の中の    は、名詞の変化語尾と同じ部分です。また、   は、硬変化型の形容詞の長語尾形の変化語尾と同じ部分です。

これを文字の綴りで表すと、次のようになります。

文字の綴りによる所有形容詞の格変化の語尾
-ов / -ев / -ёв型)
単数 複数
男性 中性 女性
主格 なし
対格 不活動体=主格
活動体=生格
=主格 不活動体=主格
活動体=生格
生格 -ой -ых
前置格 -ом -ой -ых
与格 -ой -ым
造格 -ым -ой -ыми

このように、名詞の格変化と形容詞の格変化が混ざったような変化をします。

注意

-ий型とは違って、男性・中性の生格と与格は、名詞の変化と同じ語尾(-/a/, -/u/)が付くので、注意してください。

このタイプの所有形容詞の例として、отцов /oˈttsov/「父の」の例を挙げます。отец /oˈtʲets/「父」をもとにした所有形容詞です。出没母音の е が消えていることにも注意してください。

отцовの格変化(-ов / -ев / -ёв型)
単数 複数
男性 中性 女性
主格 отцов отцово отцова отцовы
対格 不活動体=主格
活動体=生格
=主格 отцову 不活動体=主格
活動体=生格
生格 отцова отцовой отцовых
前置格 отцовом отцовой отцовых
与格 отцову отцовой отцовым
造格 отцовым отцовой отцовыми

-ин / -ын

人を表す -/a/(文字の綴りでは )で終わる名詞から作られる所有形容詞です。つまり、第2変化の女性名詞や男性名詞がもとになっています。

もとの名詞の末尾の -/a/ を取り除いて、-/in/ の接尾辞を付けた形が、所有形容詞の男性単数形主格になります。この -/in/ は、その前に置かれた子音を軟子音に変化させるので、-/ʲin/ であると考えることができます。

ただし、語幹末の子音が -/ts/ の場合は、軟子音に変化することはありません。

文字の綴りでは、もとの名詞の末尾の を取り除いて -ин を付けます。語幹末が ならば -ын を付けます。

  • мама /ˈmama/「お母さん」→ мамин /ˈmamʲin/「お母さんの」
  • племянница /plʲeˈmʲannʲitsa/「姪(めい)」→ племянницын /plʲeˈmʲannʲitsin/「姪(めい)の」

この -/in/ の付いた形が男性単数主格の形です。その他の変化形には、さらに変化語尾が付きます。変化語尾は次の通りです。

音素による所有形容詞の格変化の語尾
-ин / -ын型)
単数 複数
男性 中性 女性
主格 -∅ -/o/ -/a/ -/i/
対格 不活動体=主格
活動体=生格
=主格 -/u/ 不活動体=主格
活動体=生格
生格 -/ovo/ -/oj/ -/ix/
前置格 -/om/ -/oj/ -/ix/
与格 -/omu/ -/oj/ -/im/
造格 -/im/ -/oj/ -/imʲi/

表の中の    は、名詞の変化語尾と同じ部分です。また、   は、硬変化型の形容詞の長語尾形の変化語尾と同じ部分です。

これを文字の綴りで表すと、次のようになります。

文字の綴りによる所有形容詞の格変化の語尾
-ин / -ын型)
単数 複数
男性 中性 女性
主格 なし
対格 不活動体=主格
活動体=生格
=主格 不活動体=主格
活動体=生格
生格 -ого -ой -ых
前置格 -ом -ой -ых
与格 -ому -ой -ым
造格 -ым -ой -ыми

このように、名詞の格変化と形容詞の格変化が混ざったような変化をします。

-ов / -ев / -ёв型の所有形容詞の変化とほとんど同じですが、単数男性と中性の生格が -/ovo/、与格が -/omu/ となって、形容詞の長語尾形の変化と同じ形になっている点が異なります。

補足

もともとは、単数男性と中性の生格・与格も、-ов / -ев / -ёв型の所有形容詞と同じ -/a/, -/u/ という形でした。この古い形は、現代では成句などで使われるだけとなっています。

このタイプの所有形容詞の例として、мамин /ˈmamʲin/「お母さんの」の例を挙げます。мама /ˈmama/「お母さん」をもとにした所有形容詞です。

маминの格変化(-ин / -ын型)
単数 複数
男性 中性 女性
主格 мамин мамино мамина мамины
対格 不活動体=主格
活動体=生格
=主格 мамину 不活動体=主格
活動体=生格
生格 маминого маминой маминых
前置格 мамином маминой маминых
与格 маминому маминой маминым
造格 маминым маминой мамиными

所有形容詞の用法

所有形容詞は、名詞を修飾して、人や動物への所属や所有関係を表します。

  • мамина кошка /ˈmamʲina ˈkoʃika/「お母さんの猫」

一方、名詞の生格形を使って所属や所有を表すことができます。

  • кошка мамы /ˈkoʃika ˈmami/「お母さんの猫」

現代ロシア語では、所属や所有関係を表すには、名詞の生格形を使うのがふつうです。このため、所有形容詞を使うことはほとんどありません。

所有形容詞を使うのは、次のような場面です。

所有形容詞を使う場面
  • 話しことば
  • 性質形容詞として「その種類に特有の」
  • 成句になった表現

「お母さんの猫」の場合、所有形容詞を使った表現は、話しことばに限られます。

また、所有形容詞は、意味の上では関係形容詞の一種と考えられるのですが、その用法から離れて、性質形容詞のように使われることがあります。その場合、「その種類に特有の」のような意味合いを持ちます。

  • вой волка /voj ˈvolka/「狼の遠吠え」
    • вой は「吠える声」
    • волкаволк「狼」の生格
  • волчий вой /ˈvoltɕij voj/「狼の遠吠え」、「狼のような吠え声」
    • волчийволк「狼」の所有形容詞(男性主格)

成句になった表現としては、次のようなものがあります。

  • адамово яблоко /aˈdamovo ˈjabloko/「喉仏」←「アダムのりんご」
    • адамовоАдам /aˈdam/「アダム」の所有形容詞 адамов /aˈdamov/ の中性主格
    • яблоко は「りんご」
  • ахиллесова пята /axʲiˈlʲesova pʲaˈta/「急所」←「アキレスの踵(かかと)」
    • ахиллесоваАхиллес /axʲiˈlʲes/「アキレス」の所有形容詞 ахиллесов /axʲiˈlʲesov/ の女性主格
    • пята は「踵(かかと)」

まとめ

ロシア語の所有形容詞について説明しました。

所有形容詞(物主形容詞)は、人や動物への所属や所有関係を表す形容詞です。現代のロシア語では、使われる機会の少ない単語です。

所有形容詞の変化のしかたには次のような特徴があります。また、常に名詞の修飾語として使われます。

所有形容詞の変化の特徴
  • 関係する名詞の性(せい)によって形が変わる:男性、中性、女性
  • 関係する名詞の数(すう)によって形が変わる:単数、複数
  • 格(かく)によって形が変わる:主格、対格、生格(属格)、前置格、与格、造格(具格)

所有形容詞の変化のしかたには、次の3つのタイプがあります。

  • -ий
  • -ов / -ев / -ёв型
  • -ин / -ын

形容詞の長語尾形の変化と、名詞の変化が混ざったような変化をします。

所有形容詞は使われる機会が多くはありませんが、順序数詞の третий「3番目の」は、-ий型の所有形容詞と同じ変化をします。このため、まず третий の変化を覚えるのがよいでしょう。

参考文献
佐藤 純一(著)
¥3,850 (2024/07/09 23:35時点 | Amazon調べ)
\お得なプライムデー 7/16-17!/
Amazonで見る
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
匹田 剛(著)
¥3,850 (2024/07/09 14:52時点 | Amazon調べ)
\お得なプライムデー 7/16-17!/
Amazonで見る
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
寺田 吉孝(著)
¥1,320 (2024/07/09 23:35時点 | Amazon調べ)
\お得なプライムデー 7/16-17!/
Amazonで見る
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました